simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

読書について

無職におすすめの本11選。人生の可能性は無限大!

わたしは定職につかず、マイペースにできるフリーランスの仕事をこなしながら生活しています。 働くのは午前中だけで稼ぐのは最小限。 つまりほぼほぼ無職のような暮らしです。 この記事では、そんなわたしが無職になるにあたって参考にした本や、ためになる…

次はなに読む?いろいろな本の探し方、出会い方まとめ

「おもしろい本を読みたい!」 この記事では今、読書熱が高まっているあなたのために「本の探し方、出会い方」をまとめました。 新しい物語や情報にふれる知的な興奮は何にも代えがたいものですよね。 新しい一冊と運命の出会いを果たすためできること。 ぜ…

『なるべく働きたく人のためのお金の話』は人生の意味をあなたに問いかけるシビアな本

大原さんの本のファンで前著、前々著とことあるごとに愛読していました。 三冊目の『なるべく働きたくない人のためのお金の話』も読みました。 ファンだからおもしろいと思うのは当然かもしれませんが、おもしろかったです(笑) // リンク 『なるべく働きたく…

全国の「ブックフェスティバル」まとめ。思い出に残る一冊に出会おう

音楽フェスに負けず劣らず読書の祭典「ブックフェスティバル」が全国各地で開催されています。 このページでは、有名なブックフェスティバルや本に関するイベントをまとめました。 書店や出版社がたくさん出店する大規模なフェスもあれば、誰でも古本を販売…

『三千円の使い方』書評レビュー。お金の貯め方が楽しくわかる小説です

原田ひ香さんの『三千円の使い方』という本を読みました。 なにかビジネス書のようなタイトルですが、れっきとした小説です。 // 御厨(みくりや)家の女性たちは年代、環境におうじてそれぞれがお金の悩みを持っています。 あーでもない、こーでもない、と…

電子書籍「Kindle」のメリット・デメリット、おすすめ端末と買い方を紹介

この記事では、 Kindleのメリット、デメリット Kindle端末の選び方 についてご紹介しています。 Kindleユーザー歴5年のわたしが、正直にメリットとデメリットを書いたうえでKindleのおすすめ機種などをご紹介しています。 Kindleを買う上での細かい疑問点や…

『スマホを捨てたい子どもたち』書評レビュー。ゴリラを見るとスマホのデメリットがわかる?

京都大学総長でゴリラ研修者の山極寿一さんの『スマホを捨てたい子どもたち 野生に学ぶ「未知の時代」の生き方』を読みました。 スマホ疲れ、していませんか? ついついYouTubeを深夜まで見てしまい、翌日に疲れを引きずる…。 SNSで他人が気になって気になっ…

『20代で隠居(思い立ったら隠居)』書評。この本はわたしの人生の土台

まるで矛盾したのようなタイトルの本ですが、わたしはことあるごとに愛読しています。 著者は20代にして週休5日の生活を送る大原篇理(おおはらへんり)さん。 その生活を描いたエッセイです。 何を隠そう、わたしはこの本が大好きなんです! もしプロフィー…

読書に最適な場所は?おすすめの読書スポット4選

この記事では、読書におすすめのスポットをご紹介します! 「集中して本を読みたい」「読書ついでに食事やドリンクを楽しみたい」 という方はぜひ参考にして下さい。 まずは自宅でなく、わざわざ場所を移して読書するメリットをわたしなりに解説してみます。…

どうしてもワクワクしてしまう『自作の小屋で暮らそう』 土地を買って小屋暮らしする本です

小屋暮らしのバイブル『自作の小屋で暮らそう』。 この本が発刊されてから、本に書いてある内容を参考にして実際に「自作の小屋で暮らす人」が現れました。 YouTubeで検索するとたくさん出てきますよね。 なぜ小屋暮らしに惹かれるのか…。 ローコスト生活を…

通販にはない、本屋ならではのメリット3選

みなさんは本をどこで購入していますか? Amazonや楽天ブックスを利用している人も多いと思います。 実際に、わたし自身もAmazonで買うことはすごく多いですよ。 一方で街中の本屋さんの存在も欠かせないだと思います。 利便性だけとったらそりゃあ通販サイ…

マンガ『働かないふたり』が好きなのは、寛容だから

漫画サイトのくらげバンチで連載している『働かないふたり』が好きです。 主な登場人物は兄の石井守(たぶん24歳)と妹の石井春子(たぶん20歳)。 働かない兄と妹が織りなす、”普通”の日常マンガです。 その生活はまぁ、これがなんとも楽しそうで、友達とあ…

本の読み放題サブスク5選。タイプ別に紹介【電子書籍】

月々の定額料金でサービスが使い放題になる、いわゆるサブスクが増えています。 この記事ではサブスクの中でも、本(電子書籍)の読み放題に特化してご紹介。 本といっても、千差万別ですよね。 実は読み放題サブスクによって得意ジャンルがあるんです。 小…

読書好きにおすすめの本棚4選。部屋にフィットする本棚の買い方

この記事では、おすすめの本棚を紹介します! 「ひとり暮らし」「オーダーメイド」「男性におすすめ」「小さくても収納力がある」 と、それぞれのジャンル別にチョイスしました。 ぜひ気になるところから読んでみて下さい。 ひとり暮らしにおすすめの本棚は…

【評判口コミ】古本買取「ブックサプライ」をレポート。23冊の本が¥3,500以上に!

「古本を処分したい!」 そんな時、最近ではメルカリやラクマなどフリマアプリを利用する人が多いと思います。 でも「別に高額で売れなくても良い」「それより手間なくサクッと売りたい!」という人もいますよね。 特に本なんて一冊の単価は低いですから、フ…

読書はお金がかかる!無料で本を読む方法6選

「本が読みたいけど、お金がない…」 活字中毒の人はそんな時、どうしてますか? この記事では、とにかくタダで本を読みたい人のために「無料で本を読む方法」をご紹介します。 貧乏でも大丈夫!(笑) 無料で本を読む方法①:図書館を使う 無料で本を読む方法②…

本の通販ストアでおすすめは?読書家、本好きに嬉しいのはAmazonである理由

あなたはAmazon派?楽天派? それとも他の通販サイトでしょうか? わたしはもっぱらAmazonで本を買うことが多いです。 この記事では「本の通販はAmazonがおすすめ!」という理由と、その他の通販サイトの比較・考察をご紹介します。 本を月に何冊も買う人や…

今どき、紙の本を読むメリット5選

あなたは紙派?電子派? わたしはKindle端末を購入して以来、電子書籍で本を買うことが増えていたのですが、最近になってまた紙の本の良さを再確認しています。 この記事では、紙でも電子でも本を読むわたしが考える「紙の本のメリット」をご紹介。 今後、紙…

発信より表現からはじめたい。『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』書評

野中モモさんの『野中モモの「ZINE」小さなわたしのメディアを作る』がとてもおもしろかったでご紹介します。 そもそもZINEとは何かというと、個人が営利を目的とせず発行する出版物のこと。 ウェブのブログやSNSも個人が営利目的としないものはたくさんあり…

本を早く読む3つの方法。効率的なインプット

「たくさん本を読まなきゃ!」 キャリアップのため、スキル向上のため、日本のビジネスパーソンはインプットに余念がありません。 その時悩ましいのが、本を読むスピード。 本を早く読めれば、その分たくさん読めるわけで、多くのアイディアをインプットでき…

隠居の先輩方の対談集『隠居大学』書評レビュー。有り余る自由を満喫するコツがいっぱい

編集者・コラムニストの天野祐吉さんが聞き役となり、さまざまな隠居の達人たちと話をしていく対談集『隠居大学』を読みました。 登場するのは、こちらの6名の方。 画家の横尾忠則さん 英文学者・コラムニストの外山滋比古さん 美術家・作家の赤瀬川原平さん…

読書で眠くなるときの対処法4選。でも寝ちゃうのもアリ

「あぁ、まぶたが重い!」 本を読もうと意気込んていたのに、いざ読み始めると眠くなる…。 そんなことって案外ありますよね。 そこでこの記事では「読書で眠くなるときの対処法」をご紹介します! 本を読んで勉強しなくちゃいけない人にもおすすめです。 読…

「まともな雑談」が読める、太田光著『違和感』書評レビュー

爆笑問題の太田光さんは文筆家としても精力的に活動されています。 今回は2018年に刊行された『違和感』をご紹介。 内容はいわゆるエッセイなのですが、こうゆう屈託のないシンプルに自分の言いたいことを言っていくエッセイは久しぶりに読んだような気がし…

書評が読めるウェブサイト、ウェブマガジン8選。有名人や書店員がおすすめする本がわかる

読みたい本が見つからない時に頼りになるのが書評です。 ネットにはたくさんの書評が溢れています。 溢れすぎてワケがわからないので、まとめました(笑) 以下では書評が読めるウェブサイト(ウェブマガジン)を特徴と合わせて紹介します! 著名人の連載が目…

読書、書評のSNSアプリ4選。読書の記録、本好きのコミュニケーションが楽しめる

インスタやツイッターなど、今たくさんのSNSがありますが、読書のためのSNSも多数リリースされています。 この記事では読書SNSそれぞれの特徴をご紹介。 読書SNSを使えば、 読書記録を管理して、読んだ本を忘れない 同じ趣味の人が読んでいる本を参考にでき…

読んだ本の内容を忘れないためにやると良いこと4選

「読書をもっと有意義にしたい!」 せっかく本を読んでも、その内容を忘れてしまったら意味がないように思いますよね。 そこでこの記事では、読んだ本の内容を記憶に留めておくアイディアをご紹介。 かんたんにできるものばかりです! 紙の本で読む 付箋やメ…

孤独の大切さを説く、吉本隆明著『ひきこもれ』書評レビュー

近代を代表する思想家として知られる吉本隆明さんの『ひきこもれ』を読みました。 思想家…と言われると、難しい本だと想像しちゃいますが、この本はとっても読みやすいエッセイです。 2002年出版とだいぶ昔の本になってしまいましたが、書かれている内容はと…

みんな、うすうす気づいている『僕らはそれに抵抗できない』書評

アダム・オルター著の『僕らはそれに抵抗できない』を読みました。 ずばり「スマホ依存」に関する本です。 スマホに時間を奪われている! やめたくてもやめられない! そう薄々気づいている人は多いと思います。 そのやめられないメカニズムを学術的なエビデ…

溢れる情報の対策が書かれた『積読こそが完全な読書術である』書評レビュー

永田希さんの『積読こそが完全な読書術である』を読みました。 積読とは「読もうと思ってまだ読めていない本」や「読み途中の本」が貯まってしまう状態のことを言います。 一般的なネガティブな文脈で使われることが多く、なんとなく焦燥感にかられるような…

おすすめのブックスタンド「Reodoeer」竹製で汚れに強く。角度調整が6段階で使いやすい。

Reodoeerというメーカーのブックスタンドを買いました! ブックスタンド(書御台)はいろんなメーカから販売されていますが、Reodoeerのブックスタンドは人気が高いですよね。 使ってみると「これは確かに良いものだ!」と思ったのでレビューします。 購入を…

ブログトップページへ