simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

大晦日が、けっこう好き

f:id:sohhoshikawa:20211209090604j:plain

またいつもと同じ24時間が過ぎ去ったなら、また明日同じ24時間が始まるだけなのに、今日という日は特別に感じられるから不思議です。

 

それってやっぱり「特別だ!っていう思い」がそうさせるのかなと思います。

みんなが「特別だ!」って思うと、その日はほんとうに特別な1日になる。

 

けっきょくこの世界はみんなの気持ちでできているんじゃないかって。

まいとし大晦日になると、そんな不思議な気持ちになります。

 

わたしも大晦日になると、つい今年を振り返るんです。

来年を展望するんです。

 

ところが物理的になにが変わるわけでもないから、あまりにもあっさり「来年」がやってくる。

またいつもの「日常」がはじまっていく。

あれ?たしかに子供の頃は大晦日も元旦に確実に「特別」だったのにな…。

 

いつからかその「特別感」に、じぶんだけが置いてけぼりを食らう感覚になっています。

でも、なんだかそんな人間社会が、わたしは嫌いじゃないとも思うんです。

 

イベントをつくって、そこに向けて準備をしていくと、明らかにその日々は、その人生は輝いていくような気がします。

子どもの頃も運動会とか文化祭の当日よりも、前日の総練習の「いよいよ明日だ!」っていう感覚が好きだった。

 

だから大晦日も嫌いじゃない。

むしろ48時間ぐらいあったら良いのに(笑)

 

もっとみんなと、今年の振り返りや来年の抱負をしっかり噛み締めたいなぁなんて思います。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me