simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

楽天カード危うし!?Amazonの新しいクレジットカードが、かなりお得そうだった!

f:id:sohhoshikawa:20211013170302p:plain

Amazonブランドのクレジットカードがリニューアルするそうです!

これがかなりお得だったのご紹介します。

 

新規発行は11月からということでまだ先ですが、11月以降はブラックフライデーやお正月セールなどビッグセールが続くので、このクレカは検討する余地がありそうですよ。

 

 

年会費が無料!

これまでAmazonのクレジットカードは、「クラシック」と「ゴールド」の2種類がありました。

 

それぞれ

  1. クラシック→初年度無料 2年目以降1,375円(前年利用で無料)
  2. ゴールド→Amazonプライム料金込みの11,000円

の年会費が必要だったんです。

 

これがなんとリニューアルされたカードでは、完全無料

 

通常会員むけ「Amazon Mastercard」もプライム会員むけ「Amazon Prime Mastercard」も、どちらも無料!

 

これなら2枚目、3枚目のカードとしても安心して使えますね。

Amazon内での買いものでは、還元率が最大2.0%!

Amazonで買い物すると、

 

それぞれ、

  1. Amazon Mastercard→1.5%
  2. Amazon Prime Mastercard→2.0%

のポイントがつきます。

 

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)などには及びませんが、なんのキャンペーンも併用しなくても常時2.0%の還元が受けられるとしたら、なかなか魅力的ですよね。

 

 

コンビニでの買いものでは、還元率が1.5%!

今回の目玉はこれみたい!

 

Amazon Mastercardも、Amazon Prime Mastercardもセブンイレブン、ファミリマート、ローソンでの利用で還元率が1.5%

 

もちろん、PayPayとかQRコード決済のキャンペーンに比べると見劣りすると思います。

しかしなーんにも考えず、常時1.5%の還元を受けられるのは、それはそれで便利。

 

また新しいカードは、Mastercardのタッチ決済にも対応しているようで、支払いもスマートですね。

それ以外の支払いでは還元率が1.0%!

Amazon、コンビニ以外の利用では、還元率は1.0%です。

個人的には、ここがいちばんアツいなと思っています。

 

っというのも、同じく年会費無料の楽天カードはすこし前から電気料金、ガス料金の支払いでは、還元率が0.25%になってしまったんです…。

 

改悪前の還元率は維持するには、楽天でんき・ガスに乗り換えるしかありません。

わたしはまんまと乗り換えました(笑)

 

関連記事:楽天ポイントがもっと欲しいので、楽天でんき・ガスに申し込んだ!5分で終わった申し込み手続きを紹介

 

ですから、もしも今後「Amazonでんき」「Amazonガス」なんてものがはじまったら、Amazon Mastercardに乗り換えちゃうかもしれません。

 

以上の特徴と、リニューアル前のカードとの比較をまとめた表がこちら↓

f:id:sohhoshikawa:20211013170404p:plain

 

Amazon Mastercard ゴールドで猛烈に買い物していた人はリニューアルでちょっと損ですが、おおむね誰にとっても使いやすい親しみやすい変更になりました。

Amazon Mastercardは、シンプル派の人におすすめ

f:id:sohhoshikawa:20211014093215j:plain

Amazonと楽天とでは、両者が思い描く「世界観」がちがいます。

 

楽天は「ショッピング イズ エンターテイメント」とキャッチフレーズを掲げ、買いものそれ自体をぞんぶんに楽しむ企画を提供しています。

だからSPUやらお買い物マラソンやらを開催するんですね。

 

対してAmazonは、創業当時から「人々がオンラインで買いたいと思うモノがすべて見つけられる企業、顧客第一主義を世界で一番実現する企業になる」という目標を掲げています。

 

つまりお客さんと商品を、とにかくすばやくつなげることを第一としているんですね。

それは「お急ぎ便」とか「置き配」なんかのサービスに繋がっていきます。

 

実際に楽天とAmazonのふたつで買いものを体験してみると、その使い心地に違いを感じるのではないでしょうか?

 

リアルで例えると、楽天はKALDIとかヴィレッジヴァンガードの陳列に近く、Amazonはホームセンターの陳列に近いですね。

 

この思想の違いが、お互いのクレジットカードにも反映されています。

 

今回リニューアルしたAmazon Mastercardなら、なにも考えなくても常に1%以上の還元が受けられ、しかも年会費無料なので「元をとる」とかも考えなくて良いです。

 

対して楽天カードは、クレジットカードを中心とした「楽天経済圏」のお得さ、楽しさがあります。

わたしもここ最近は楽天経済圏をぞんぶんに楽しんでます。

 

しかし「無駄遣いしなさそうなカードはどちらか?」と言われれは、それはAmazon Mastercardではないでしょうか?

 

『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める』の著者で、人気ミニマリストの森 秋子さんはそもそもクレジットカードなし生活をしているそうです。

クレカ使いまくり生活から
現金払いライフを送ってみると
わかりやすくて
 
毎月カード請求額に
びっくりすることがなくなり
 
ついにはクレジットカードを解約!

引用元:「クレカレス生活」で「貯金体質」になりました | ミニマリストになりたい 秋子のブログ

 

同じく人気ミニマリストの阪口ゆうこさんも、クレジットカードは固定費を支払う1枚まで厳選したそう。

余計なクレジットカードを容赦なく解約

 

私はクレジットカードを全部やめて

 

クレジットカードは光熱費でも使う家用のみ。

 

クレカをやめるとお金の透明性が高くなった

引用元:元祖浪費家ミニマリストのお金が残る財布 | HOMEbyREFRESHERS

 

今現在、わたしは「楽天派」になっているので、人のこと言えた義理じゃないですが、カード支払いをシンプルにするなら、Amazon Mastercardのほうが良いでしょうね。

 

その理由は細かなポイント還元率だけでなく、そもそも根っこにある「思想」を見ることでより伝わると思います。

 

  • 買いものが目的で、それ自体を楽しみたい人→楽天
  • 買いものは手段で、早く商品を手に入れたい人→Amazon

 

時間とお金を節約できるのは間違いなくAmazonです。

とは言え、わたしは「買いものを楽しむこと」はまったく否定しません。

 

それはまさに個々人の「思想の違い」になってきますから。

 

っというわけで、シンプリスト、ミニマリストの人がカードを作るなら、新しいAmazon Mastercardは検討の余地があると思います!

 

以上、参考になったらうれしいです。

 

 

 

ブログトップページへ