simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

明日を生きる。

f:id:sohhoshikawa:20210728085232j:plain

過去に浸らず

今に溺れず

未来に夢みず

 

明日を生きる

 

これはわたしが考えた名言なんですけど、いかがでしょうか?(笑)

 

自分が生きてきた日々=過去を慈しむのは時に大切です。

でも「あの頃は良かった」と嘆き、今日の日に絶望するなんて、なんだか残念ですよね。

 

でもだからといって、未来に過剰な夢を抱けば、それは悪い大人たちに足元をすくわれる。

そして未来とは誰にとっても平等に短くなっていくもの。

 

夢見る未来がない、ということに少しずつなっていくわけです。

じゃあ「今」にフォーカスするのが良いでしょうか。

 

近ごろきくマインドフルネスなども、やっぱり今に集中するメソッドだと思います。

でも、それはそれで罠があると思うんですね。

 

「今を生きる」とは「今が良ければそれでいーじゃん」に飲み込まれがち。

ただただ無節操に、「今」を消費する方向へと引っ張られる時があります。

 

例えば二日酔いとか、ギャンブルとか(笑)

 

では、どうすればいいんでしょう?

わたしは「明日を生きる」という心構えが大事なのかなと思っています。

 

明日とは近い未来。

どうなるかわからない遠い未来より、把握しやすい未来です。

 

明日よりよく生きるために、今日できることをやる。

そういった意識で仕事や食、生活や人間関係を生きると、うまくいく気がします。

 

明日、楽しく生きるために、仕事を持ち越さない。

明日、元気に生きるために、今日は食べすぎない、飲みすぎない。

明日、仲良く生きるために、今日謝っておく。

 

そうやって積みかせていった毎日は、振り返ったときにより良い人生になっている気がします。

 

変えられない「過去」。

不確実な「未来」。

それらにとらわれないこと。

 

だからといって、人生の前後関係をすべて捨て去って「今」に逃げ込んだりもしない。

だから「明日」を目指して生きていく。

 

人には希望が必要です。

でも過剰な希望は過ちを招くでしょう。

 

「明日」という手のひらに届く希望を目指して生きていくことが、じぶんの身の丈にあった幸せを作ってくれる気がします。

 

浅井健一 | 明日

ブログトップページへ