simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

【個人ブログ】SEOはオワコン、これからはSNSとYouTube!は本当?

最近は一時期のブログブームも影を潜めているように見えます。

原因は情報環境の変化です。

 

人々が情報を取得する場所はSNSがメインとなり、またYouTubeをはじめとした動画サイトも躍進。

その影響で、普通に「ググる」人が減って、SNSのハッシュタグ検索をもちいた「タグる」方へと人々が移っていった。

 

だから情報発信する我々も「ブログでSEO(Google検索最適化)を頑張るのではなく、これからはSNSをガンガンやらねば!」といった主張が増えてきました。

結果、ブログをやめてSNS単体で情報発信&マネタイズ(小遣い稼ぎ)する方へとブームが移っていきまます。

 

しかし!

 

そもそもGoogleが使われなくなったって本当でしょうか!?

Googleの利用者は増えている

2019年のデータですが、Visual Capitalistという会社が作成した「世界でアクセス数の多いウェブサイト100マップ」を見てみましょう。

f:id:sohhoshikawa:20210214085903j:plain

ぶっちぎりGoogleが1位…!

詳細な数字を見ても、2位のYouTubeに対して2倍以上のアクセス数があります。

 

2020年の日本のデータも見てみます。

株式会社ヴァリューズによる「2020年webサイト訪問者数ランキング」。

f:id:sohhoshikawa:20210214090255p:plain

これまたGoogleが1位。(しかもGoogle(日本)という項目が別で集計されていますね?)

しかも前年比100.6%と伸びており、むしろ利用者数は増えていることになります。

 

冷静に考えてみれば、そりゃそうだろうと思います(笑)

おそらく「SNS!YouTube!」と盛んに叫んでいるインフルエンサー(ブロガー)のブログもふたを開けてみれば、検索からのアクセスがいちばん多いでしょう。

個人ブログのSEOが厳しくなったのは事実

しかし、こんなにも巨大市場であるGoogle検索から、有名ブロガーたちが撤退するのはなぜでしょうか?

それはGoogle検索アルゴリズムの変化により、個人ブログが上位表示されにくくなったからです。(少なくとも今現在での話ですが)

 

なんてことはない。

有名プロブロガーたちは、それでアクセスが減ったので、今までの収入を維持できなくなり、SNSとYouTubeに場を移したのです(ついでにサロンに勧誘して売り上げを埋め合わせているのです)

あなたが表現したいことはなにか?

しかし安易にSNSやYouTubeをやるのは、わたしはどうかと思っています。

っというのも、ブログ・SNS・YouTubeでは表現の軸があまりにも違うからです。

 

そもそもブログはテキストで、YouTubeは動画。

Tiktokは動画たけど短尺。

インスタは写真。

ツイッターはテキストベースですが短文です。

 

素直に考えて、文章が書ける才能と動画編集の才能と写真撮影の才能はあまりにも次元が違いますよね?

どれもこれもできる人って絶対と言ってよいほど、いないはずです。

 

歌で大ヒットを飛ばし、役者として大河ドラマに主演し、バラエティに出たらそつなくこなす…みんながみんな福山雅治さんみたいにはなれません(笑)

 

だからインフルエンサーの言うことを鵜呑みにする前に、そもそも「自分が好きな表現」とはなんだろう?と自問自答する必要があります。

ブログ+SEOのメリット

結果的に文章を書くのが好きなら、わたしは未だに全然ブログをおすすめします。

個人ブログがSEO的に厳しくなったのは事実ですが、引用したデータのとおり、ほとんど無限のような膨大な市場が「検索」にはあります。

だからまだまだ個人ブロガーが書くべきことはあるはずです。

 

またブログとSEOの魅力は問題解決により添えることです。

検索する人はある種の切実さをもって検索しています。

その切実さとはおおむね「悩み」と呼ばれるもの。

 

自分の経験や知識から、その悩みを解決してあげる。

そんな情報発信はブログ&SEOがいちばんお似合いです。

 

これはわたしの実感ですが、SNSでそれなりに影響力を高めるには問題提起の方が効率が良い。

「これこれこんな問題がありますよ!」と世間に問うことです。

その際たる例が不倫報道でしょう。

「ここに不倫している人(問題)がいますよ!(提起)」という感じ。

 

もちろん、マイノリティの立場を向上させるような本当に必要な問題提起もあります。

しかしことお小遣い(副業)目当てでSNSを始めると、どうしてもゴシップ(不倫)の方へひっぱられがち。

それは本当に自分がやりたいことなのか…。

 

またシンプルに副業として見ても、「ブログ+SEO」の魅力はそんなに色あせていないと思います。

「月5万円の収入を安定して得たい」といった場合、それは「ブログ+SEO」がもっとも達成しやすいのではないでしょうか。

個人ブログの規模ではむしろSNSは必要ない?

ややこしいのは「ぜんぶやれ」という主張です。

でもさっき言った通り、それぞれのプラットフォームで表現の軸が違うので、あまり節操なく手を出しても、どれもこれも中途半端になる可能性があります。

 

わたしは個人ブロガー歴6年ですが、SNSをがんばっていた時代もあるんです。

ですが、たったひとりのブロガーです。

どう頑張ってもリソースが足りないことがあるんですね。

まぁ、ただ単純にわたしにバイタリティがないだけかもしれませんが(笑)

 

実は大手メディアでも、少し前はいろいろなプラットフォームを使うことが流行っていました。

でも今はまたリソースを集中させる方へと動いている感じがします。

 

まとめると、

  • 個人ブログとSEOは問題解決により添える
  • 個人ブログとSEOはまだまだ普通に市場がいきている

ということでした。

 

ネットを見て回ると「これからは○○の時代!」とそこかしこで言われています。

でも時代は思ったより、ゆっくり変わるもんです。

「テレビはオワコン」と言われて10年ぐらい経っている気がするし、「新聞社がつぶれる」と言われてもう20年ぐらい経ってませんか?(笑)

 

なによりも時代をつくるのは当事者であるわたしたち自身です。

ブロガーがブログを愛し、誠実に記事を書き、人々の助けになるなら、ブログも検索もずっと生き残っていくでしょう。

その意味ではお金儲け(だけ)が大好きな人たちがブログから去っていき、ブログブームが沈静化したのは良いことかもしれません(笑)

 

わたしはこれらかもブログは書いていきたいと思います。

ブログトップページへ