simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

【京王線 柴崎駅】楽しいブックカフェ「本とコーヒー tegamisha」いつも新しい出会いがあります

※このサイトはPRを含みます

 

 

本とコーヒー tegamishaの店内

カフェ好きの間ではちょっと知られた手紙舎

 

カフェ経営はもちろん、オリジナル雑貨や東京蚤の市などのイベントも人気です。  

 

そんな手紙舎が運営する「本とコーヒー tegamisha」はその名の通りのブックカフェ。

 

京王線「柴崎駅」から歩いてすぐの場所にあります。  

 

わたしは自転車で行ける距離に住んでいることもあり、ちょくちょく通わせてもらっています。

 

今や調布エリアのカフェを語る上では外せないお店になっていると思うので、今回は「本とコーヒー tegamisha」をご紹介します!

新しい出会いをいつも提供してくれる本屋

「本とコーヒー tegamisha」は本屋としてすごく頑張っている店舗だな、と思います。

 

いくたびに違う、入り口の特集展示。 (おそらく毎月?)

 

手仕事をメインとしたクリエイターさんのアイテムが並んでいます。  

 

販売している本のラインナップは「暮らし」「カフェ」「ハンドメイド」「DIY」などこれまた手仕事に関する本が多いです。

 

またこの手のブックカフェにしては珍しいのは新刊雑誌を販売しているところ。  

 

「ソトコト」「珈琲時間」「チルチンびと」などコンビニでは売っていないちょっとマニアックな雑誌があってありがたい。

 

もちろん「POPEYE」や「BRUTUS」など人気のカルチャー雑誌も外せないですね。  

 

本とコーヒー tegamishaで、また新しくいきたいカフェを見つけることも少なくありません。 このお店に行くとわたしもついつい本を衝動買いしてしまいます(笑)  

本とコーヒー tegamishaで買った本

雑誌、本、展示と常に新鮮な情報を更新してくれているのが、本屋として「本とコーヒー tegamisha」が優れているところです。

 

いつ行っても、なにかしら新しい出会いがあるのがとっても楽しいですね。  

 

ともすればわたしたちの生活は「変わらない日常」の繰り返しになってしまいます。

 

いや、それってとっても幸せなことなんですよ。   けれどその日常の幸せをちゃんと噛みしめるために必要なのは「ほんの小さな非日常」だったりしますよね。

 

少しだけオシャレしたり、綺麗なモノを見たり、カッコいいものを買ったり…。

 

tegamishaはそんな小さな非日常をいつも提供しようと努力してくれているような気がします。  

 

現代ではインスタを覗けば、自分たちとはまったく違う芸能人やネット有名人の素敵な「非日常」を覗き見ることができます。

 

でも、そのせいで羨ましくなったり、嫉妬してしまったり、かえって幸せから遠ざかったような気持ちになったことはありませんか?  

 

インスタも良いけれど、個人的には本だとか雑誌だとか「プロが心を込めて編集した情報」をバランスよく摂取するのをおすすめします。  

 

実際に、インスタで「オシャレなインテリア」を見つけても、ただそれだけではマネできないですよね?

 

さらに詳しく(またわかりやすく)解説された本を読んで、自分で試してみて初めて素敵な暮らしが手に入ります。  

 

SNSの良くない所は「情報が無限」なところです。

 

だからダラダラ見続けてしまい、実際は何もしていない、ただスマホを眺めるだけの時間が過ぎ去っていってしまう。

 

それでは現実の暮らしは楽しくなりません。  

 

本はプロが「必要十分な量を、適切に編集した情報」です。

 

本には必ず終わりがある。

 

だからこそ、本で学んだことを実践する時間が生まれてくるんですね。  

 

ちなみに「本とコーヒー tegamisha」では購入前の本をカフェで試し読みすることができます

 

お店にいったら、ぜひスマホを閉じて、お気に入りの一冊を見つけてカフェで読んでみて下さい。  

 

町の本屋さんがどんどん閉店する中で、このような本屋は今後さらに貴重になっていくと思います。

 

個人的には「ファストフードのようなSNS」より、「スローフードのような本」という文化が残っていって欲しいです。  

 

やっぱり本の方がヘルシーに情報を摂取できると思うんですね。

 

また、これを読んで「tegamishaに行ってみたいな!」と思った方にはぜひ"スローな"楽しみ方をしてみて欲しいと思います。

 

カフェでは華やかなスウィーツとコクのあるコーヒーが楽しめる

本とコーヒー tegamishaのいちごのティラミス カフェの方はメニューはオーソドックスですが、見た目が華やかなフードが特徴です。

 

今日は季節限定の「イチゴのティラミス」を注文してみました。 イチゴとクリームチーズの酸味があり、最後まで飽きずに食べきることができます。

 

他に定番スウィーツだとチョコレートケーキとチーズケーキがありますね。  

 

コーヒーはいつも飲んでいるので、今日はちょっと気分転換。 「

 

イチジクとレモンのシロップ(ソーダ割り)」です。 本とコーヒー tegamishaのイチジクとレモンのソーダ 季節のシロップはその時々で色々あるので、コーヒーが苦手なかたはこちらをどうぞ。

 

メインのコーヒーはブレンドもいくつかあります。

 

全体的に苦みがしっかりあり、コクのあるブレンドが多い印象です。  

 

ちなみにいつも貰えるお手拭きが可愛いので注目ですよ(笑) 本とコーヒー tegamishaのお手拭き

「本とコーヒー tegamisha」へのアクセス。柴崎駅から歩いてすぐです

京王線の「柴崎駅」すぐ近くにありアクセスは良いです。

 

まぁ、柴崎じたいがマイナーですが(笑)  

住所 東京都調布市菊野台1-17-5 1階(Googleマップ
電話番号 042-440-3477
営業時間 本屋11:00〜20:00 カフェ11:00〜18:00(L.O 17:30)
定休日 月・火(祝日の場合は営業)
SNS Instagarm
公式サイト http://tegamisha.com/books/

 

「本とコーヒー tegamisha」の周辺おすすめスポット

・手紙舎 2nd story

・手紙舎 つつじヶ丘本店

・野川

  「本とコーヒー tegamisha」の二階は雑貨と食事がメインの「手紙舎 2nd story」があります。

 

ランチを二階で、カフェタイムを一階で…。

 

そんな楽しみ方もできますね。  

 

また歩いて行ける距離に「手紙舎 つつじヶ丘本店」もあります。

 

たまにカフェ巡りフェアーみたいなキャンペーンも実施されるので、天気が良い日は散歩がてら三店舗を回っても良いですよ。  

 

3店舗をカフェ巡りするためのガイドもつくったので、ぜひこちらの記事もどうぞ。

 

関連記事:調布市にある手紙舎3店舗を紹介!違いは?カフェ巡りする順番は?  

 

つつじヶ丘本店のすぐ側には野川というのどかな川があります。

 

これがなかなか気持ち良い散歩スポットなので、個人的におすすめですよ。  

 

柴崎は他にも美味しい飲食店が多くて、実はかなりグルメスポットなんですよね。

 

ぜひ手紙舎を中心にいろいろ楽しんでみて下さい!  

 

 

今日のあとがき

12月4日

まだ19℃なんて日があるのかー

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me