simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

おすすめのデカフェ(カフェインレス)のコーヒー豆3選。通販あり

わたしコーヒーは好きなんですが、カフェインに弱いんです。

ですから普段は午前中に一杯しかコーヒーは飲みません。

 

でも、どうしても午後から飲みたい時ってあるじゃないですか。

在宅ワーク(テレワーク)していると、コーヒーって常にそばに置いておきたくなるし。

 

そんな時、重宝するのが「デカフェ(カフェインレス)」。

デカフェとはカフェインの大半(多くは90%以上)を除去したコーヒーのこと。

 

しかしデカフェって微妙に美味しくないモノが多いですよね(笑)

どうしても普通のコーヒーよりは味が劣るのだと思います。

 

しかし諦めずに探した結果、今では以下の3つのデカフェを飲んでいます。

美味しいデカフェをお探しの方にぜひおすすめです!

 

各種通販でも買えます。

全国的に手に入れやすいスタバのデカフェ「ディカフェ ハウス ブレンド」

  1. 250g
  2. 1,240円
  3. ミディアムロースト(中煎り)
  4. 通販サイト:Online Store|スターバックス コーヒー ジャパン

みんな大好きスタバでも今はほとんどの店舗でデカフェを扱っています。

わたしは出先で(午後に)コーヒーを飲む際は利用することが多いです。

豆だけを店舗で購入できますし、スーパーやコンビニでも取り扱いがある場合があります。(かなりレアですが)

 

また通販もあります。

スタバの公式サイトに掲載されている「ディカフェ ハウス ブレンド」という豆です。

250gで1,240円と、今回紹介する3つの中ではいちばん安いのも嬉しいポイント。

 

公式通販で購入できるのは、豆の状態のものですので、ご家庭で淹れるにはコーヒーミルが必要です。

スペシャルティコーヒーのさきがけ堀口珈琲のデカフェ「ケニア ファイブファクトリーズ」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sohhoshikawa/20181229/20181229155651.jpg

コーヒー好きなら、さらに品質の高い豆を求めたい。

と、いうことでよく利用するのが「堀口珈琲」です。

 

堀口珈琲は今では広く知れ渡ったスペシャルティコーヒーを90年代から日本で取り組んでいるパイオニア的なコーヒー屋さんですね。

 

堀口珈琲のデカフェは記事執筆現在でケニアの「ファイブファクトリーズ」という豆です。

時期によってはペルーだったり他の産地の場合もあると思います。

 

わたしはもっぱら堀口珈琲のデカフェをリピートしており、どれかひとつをおすすめするならこちらかな?と思います。

通販でも「豆」「粉」「エスプレッソ用粉」と選ぶことができます。

コーヒーアイテムを持っていない人でも、粉で注文して100均でドリッパーとコーヒーフィルターを調達すれば、とりあえずお家でドリップコーヒーを楽しむことができますよ。

 

「それもめんどう!」と言う人には「【DECAF】コーヒーバック」があります。

紅茶でいうティーパックの形態なので、特別な器具は一切必要なくインスタントにデカフェのコーヒーを楽しめますよ。

 

ローストは「シティロースト(中煎りから深煎り)」と「フレンチロースト(深煎り)」の二種類があります。

どちらかと言えば、わたしはシティローストが好きですかね。

まとめ買いするなら、二種類買って飲み比べるのも楽しいかも。

 

店舗は

  1. 狛江
  2. 世田谷(千歳船橋)
  3. 代々木上原
  4. 大手町(otemachi one)

とあります。

 

おそらくどの店舗でもデカフェの豆も購入できると思うので、お近くの方は足を運んでみて下さい。

わたしはよく狛江で買っていました!

 

関連記事:堀口珈琲 狛江店に行ってきました!いつも行っているけど、いつもイイ

フェアトレードコーヒーを推進するベルベットコネクションのデカフェ「カフェインレス ペルー Cenfrocafe」

ベルベットコネクションのカフェインレスコーヒーのパッケージ

深大寺にあるその名も「深大寺カフェ」でデカフェを飲んでみたら、これが美味しかったんです。

豆を卸しているのが、ベルベットコネクションという会社でした。

なんかギャング映画にありそうな名前(笑)

 

ベルベットコネクションはフェアトレードを推進しているらしく、デカフェの「カフェインレス ペルー Cenfrocafe」もフェアトレード商品です。

 

フルシティロースト(中深煎りぐらい)で、コーヒーらしい苦みがありながら、甘さも感じられます。

フルシティローストのコーヒー豆

フルシティロースト

全体的にチョコレートっぽい風味が感じられるので、かなり万人受けする味だと思います。

 

通販で購入してみたら、コーヒーの詳細が書いてある名刺サイズのカードが入っていました。

ベルベットコネクションのコーヒーカード

コーヒーのデータ

コーヒー好きの人はこうゆうのを集めていますよね。(スタバでもリザーブを頼むと貰えたり)

 

通販サイトでは購入時に豆か粉かを選ぶことができ、粉は「極細挽き」から「粗挽き」まで5段階を選べます。

普通、家庭でドリップコーヒーで楽しむ場合は「中挽き」で大丈夫です。

 

店舗は深大寺カフェと、調布駅近くに「ベルベットコネクション」という直営カフェがあるようですね。

どちらでも豆が買えるみたいです。

堀口珈琲とベルベットコネクションでは「Amazon Pay」が使える。ギフト券チャージを利用するとお得です

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sohhoshikawa/20201104/20201104093845.jpg

以上、おすすめのデカフェを紹介しました。

 

堀口珈琲とベルベットコネクションでお得に購入するには、 Amazon Payを利用するのがおすすめです。

これはAmazon以外の通販サイトでも、Amazonアカウントを使って購入できる便利機能。

ですから、住所や氏名、クレジットカード番号入力などを省くことができます。

 

さらにAmazon Payを使えば、Amazon外の通販サイトでもAmazonギフト券を利用できるようになりました。

そこでおすすめしたいのが「Amazonギフト券チャージタイプ」の利用です。

 

チャージタイプを購入すると、最大で2.5%のポイント還元があります。

最大2.5%

Amazonギフト券残高の期限は10年なので、使い残す心配がありません。

ですから、Amazon(またAmazon Pay)をコンスタントに使う人は、サイフに余裕がある時にいっきにチャージしておくとお得というわけ。

 

コーヒーはまとめ買いしたり、定期的に購入することが多いでしょう。

いづれ5,000円以上使うなら、損しないようにぜひ「Amazonギフト券チャージタイプ」を利用してください。

 

またAmazonプライムだと+0.5% ですが、これは無料体験中でも適応されます。

ポイント付与後に退会してもOKです。

チャージ金額が大きい人はどうせなら、Amazonプライムになってからチャージするのが賢いでしょう。

もっとも、そんなにチャージするくらいAmazonファンなら、既にプライムでしょうが(笑)

 

消費税が8%から10%になって、2%のデカさは実感しましたよね?

言うなれば、チャージタイプを利用することで自分だけ消費税が据え置き。

 

こういった節約術を意識して使っておくと、のちのちすごく大きな差になりますよ。

まとめ↓

  1. Amazonプライムを無料体験→還元率UP
  2. Amazonギフト券チャージタイプを購入→ポイントが最大2.5%付与
  3. 堀口珈琲やベルベットコネクションでAmazon Payを使ってギフト券残高を消費

ぜひお得にご利用ください。

 

 

関連記事:3年間在宅ワークしているぼくがたどり着いた、家飲みコーヒーの最適な楽しみ方

ブログトップページへ