simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

ミニマリストの部屋

ブログはボトルレター

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

について書いています。

 

よい自己紹介になれば。

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

本名をすこしもじって。

かなりてきとう、思いつきで決めました。

 

はてなブログを始めたきっかけは?

7年まえぐらい?にその時やっていた音楽活動の宣伝のためにWordPressブログを開設。

しかしいまいち読まれなかったので、はてなブログに移転。

 

そこから、はてなブログは3年ぐらい続けたと思います。

で、SSL対応が遅かったので、またWordPressに移転(笑)

 

そしてここ1年はまた新しいブログ(このブログ)をはてなブログで書いています。

理由は、WordPressがめんどうになったから(笑)

 

アップデートが多すぎて、ちょっと設定をミスるとかえって不利益をこうむるWordPressは、ちょっと今の自分にはオーバースペック。

「書くことに集中できる」はてなブログには感謝です。

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

う〜ん…これ↓かなぁ…

 

simplelog.me

 

ちょっと前にツイッター「わたしと同じ人がいて嬉しい」と言及してくださっている人を見つけて。

「こちらこそ」と嬉しくなりました。

 

衝動的に書いた記事で、文章も荒いですけど、こんなちいさな気持ちを書き留めておけるのがブログの醍醐味かもと思います。

 

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

基本的にまいにち書いているので、「どんなとき」もないなぁ…。

 

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

今みたら20記事ぐらいありました。

書評やまとめ記事もあれば、恥ずかしいエッセイもあった(笑)

 

自分の記事を読み返すことはある?

あります。

読み返すと言うか「リライト」という作業…。

 

好きなはてなブロガーは?

さいきん拝見して良いなぁと思っているのは、

目の前の石ころさん

とか

きまぐれハチログ さん

です。

 

おふたりとも「きれい」で「しずか」だから。

 

ブログと言うと「役に立つ or 立たない」とか「おもしろい or おもしろくない」の軸で評価されがちですけど、さいきんはどのみち「うるさい」のはキツいなと思うようになりました。

 

昔はツイッターとかSNSも、他愛のない日常風景がいっぱいあったんですけどねぇ…。

今やうるさいお役立ち情報とワイドショーばかりで(遠い目)

 

日常のゆったりした風景を綴ったブログを読めるのは、はてなブログの良いところだと思います。

 

あとは、

還暦Gちゃんブログ さん

も拝見しています。

 

子離れ親離れ、仕事、夫婦関係…やっぱり今、目の前にみえる風景を綴られていますね。

わたしはまだ30代で還暦には遠いですが、いづれは来る話です。

 

人生の先輩の貴重な言葉として拝見しています。

 

他にもこちらの記事におすすめブログまとめてます(はてなブログ以外もあります)

simplelog.me

 

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

「いつもありがとうございます」

の一言につきます。

 

はてなブログは、個人の記録をアーカイブすることについては、とても信頼のおけるプラットフォームだと思います。

 

いぜん、『スローブログ宣言!』という本を紹介しました。

 

simplelog.me

 

この本ははてなブロガー(当時、はてなダイアリー)の鈴木芳樹さんが2006年に出版された本です。

 

残念ながら、鈴木さんは出版から3年後に亡くなられています。

しかし今でも彼のブログは残っているんですね。

 

はてなダイアリーからはてなブログに自動移転され、今でも観覧できます。

鈴木さんのブログを見つけた時、わたしのなかで、はてなブログ(はてな社)の好感度が爆上がりしました(笑)

 

人が賢くなるには、過去に学ぶしかありません。

インターネット以前の世界では、人々は世界の「おおきな歴史」しか学ぶことができませんでした。

 

しかしインターネットは万人に発信行為を開いた。

つまり誰しもが先人の「ちいさな過去」にアクセスすることに可能になりました。

 

しかし、現代のインターネットは「今にのっかる」プラットフォームが優勢です。

そんな中でも、はてなブログは「アーカイブ」にこだわって運営してくれています。

 

そしてそれこそがインターネットの本質的魅力だと思うのです。

っというわけで、はてなブログにはこの調子で、ちいさな声を記録し続けて欲しいと思います。

 

ブログはボトルレターみたいなものだと思うんですね。

 

ガラス瓶に手紙をつめて、海に流すアレです。

いつか、どこかの誰かに届けば良いなぁと思って書く、流す。

 

そして実際に届いた時、なにか運命的なものを感じるし、やっぱりそれは奇跡だと思います。

そんな奇跡を裏で支えてくれているのが、はてなブログ…なんていうとちょっとロマンチックすぎるでしょうか。

 

10年前は何してた?

音楽活動で、自主レーベルからCDをリリースしようと奔走していた時期。

そこからセルフプロモーションについて調べ始め、ブログに行き着き、今に至る。

 

今思うと、10年前はおおきな分岐点だったかもしれません。

 

この10年を一言でまとめると?

ブログを始め、プロのブロガーになってしまった…。

 

しかし「プロブロガー」ってもう形骸化してますよね(笑)

なんならほとんど「詐欺師」と変わらないような…。

 

わたしも街場であんまりプロブロガーとは名乗りません(笑)

 

でも、この商売というか、生き方はすごく気に入っています。

できることなら、このままちいさなフリーペーパーのようなブログを運営しながら、生計を立てていければ良いなと思います。

 

そして、ブロガーを支えてくれて、今なお使わせてもらっているはてなブログは本当にありがたい存在です。

 

これからも使わせてください!

ブログトップページへ