simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

ミニマリストの部屋

ミニマリストにおすすめの趣味8選。モノが少なくても楽しめる趣味

f:id:sohhoshikawa:20211029085627j:plain

モノがなくても没頭できる趣味をみつけたい。

ミニマリストになると、時間を持て余すと思われがちです。

 

まぁ、実際に暇すぎるときもありますけど(笑)、むしろひとつの趣味に没頭したいがためにミニマリストになる人も少なくありません。

 

そんなミニマリストがハマりがちな趣味をご紹介します!

 

 

ミニマリストにおすすめの趣味 ①旅行

無印良品の撥水リュック

「トランクひとつでーーー」じゃないですが、そもそもふだんの生活でもモノが少ないミニマリストは、旅行時の荷物も必然的に少なくなります。

 

だったら旅行しない手はない!

 

最近は「住み放題」とか「泊まり放題」のシェアリングサービスも増えていますから、ますます場所にとらわれない暮らし方が現実的になっています。

 

関連記事:意外と安い!?「別荘」を買う、借りる方法やサービスまとめ

 

 

ミニマリストにおすすめの趣味 ②音楽鑑賞

f:id:sohhoshikawa:20211029095316j:plain

音楽鑑賞もかつてはCDやレコードを収集する必要がありましたが、今やスマホかPCひとつで7,000万曲とか聞けます。

 

音楽サブスクアプリを使えば、ミニマリストもモノを増やす罪悪感なく音楽を楽しめますね(笑)

 

またサブスクはここ1年ぐらいでグッと音質も良くなりました。

特にAmazon MusicはCD音質の「HD」にCD以上の「Ultra HD」、さらに新しい技術である「空間オーディオ」に対応した楽曲も増やしています。

 

以前は高音質プランは+1,000円だったのですが、すこし前にまさかの値下げ。

 

ちょっと良いイヤホンかBluetoothスピーカーを買えば、かつてないほど音楽を楽しめる環境が今あります。

 

無料体験プランもあるので、気軽に試せますよ。

ミニマリストにおすすめの趣味 ③散歩

f:id:sohhoshikawa:20211002133801j:plain

散歩もりっぱな趣味!

 

たぶん、若い人は散歩のおもしろさなんてわからないと思うんですけど、年齢を重ねるとそこはかとなく楽しいですよね。

 

だんだんと地域の歴史とか、地理に興味が出てくるからだと思います。

言うなればNHKで放送中のブラタモリみたいな感じ。

 

ミニマリストはそのモノの少なさを利用して、極小アパートに住んでいる人も多いです。

なおさら晴れた日は散歩に出たほうが健康的でしょう(笑)

ミニマリストにおすすめの趣味 ④銭湯

f:id:sohhoshikawa:20211029095259j:plain

散歩ついでにおすすめなのが銭湯!

銭湯のマインドフルネス効果ってスゴイですよね。

 

そもそもミニマリストが成立するようになったのは、スマホやPCなどガジェット類の進化があります。

それさえあれば何でもできるようになった。

 

ところが逆にスマホ依存に陥りやすいというトラップもある。

ネットニュースやSNSのデメリットは特に昨今、問題視されています。

 

そこで効果的なのが銭湯。

当たり前ですけど、銭湯はスマホ禁止!

 

強制的にあらゆる情報を遮断できるんです。

実はそんなスポットって、この現代社会で少ないのではないでしょうか?

 

街を歩けば商業看板。

スマホを見ればネットニュース。

 

どこもかしこも忙しく、なんだか心が追い立てられます。

ミニマリストを志向するようになったのは「モノがもたらす煩わしさ」を軽減して、心に平穏をもたらすためではなかったでしょうか?

 

ところがモノだけでなく、情報や人間関係も煩わしさの原因になりえます。

銭湯はまさに裸一貫で、ありとあらゆるモノから開放された、究極のミニマリスト空間と言えるかもしれません(笑)

 

ここ数年はサウナブームもあり、きれいにリニューアルされた銭湯も増えています。

なんでも俳優の二階堂ふみさんもハマっているとか。

 

若い人も時間を見つけてぜひ行ってみてほしいです。

 

 

ミニマリストにおすすねの趣味 ⑤ブログかインスタ

日本HPのChromebook 14a

気軽な創作活動としておすすめなのがブログ。

 

アメブロ、ライブドアブログ、はてなブログなどブログサービスを使えばお金もかかりません。

またミニマリストのブロガー人口は多く、交流も活発ですよね。

 

ブログに次いでミニマリスト向きなのはインスタでしょう。

もちろん併用している人もたくさんいます。

 

モノや情報から離れた節約されたエネルギーを創作に向かわせるのはとても有意義だと思います。

 

YouTubeも良いですけど、機材や編集ソフトが必要ないことを考えるとブログのほうが敷居が低い。

 

お金もかからず情熱を注げる趣味でもあるので、とてもおすすめです。

 

関連記事:はてなブログの始め方。アカウント登録、記事の書き方、収益化まで

 

ミニマリストにおすすめの趣味 ⑥ゲーム

f:id:sohhoshikawa:20210727094848j:plain

スマホゲームはもちろん、PCでもゲームを楽しめます。

 

わたしはGoogle社製のChromebookにandroidアプリをダウンロードして、ときどきゲームを楽しんでいます。

 

関連記事:クロノトリガー(アプリ版)を「Chromebook」と「Nintendo Switchのコントローラー」でプレイすると快適でした

 

PCだとSteamなどプラットフォームを利用すれば、さらに多種多様なゲームで遊べます。

「テレビ捨てちゃった」というミニマリストも、PCさえあれば十分にゲームができますよ。

 

 

ミニマリストにおすすめの趣味 ⑦読書

f:id:sohhoshikawa:20211029104113j:plain

Kindleなど電子書籍を使えばモノは発生しませんし、読書が趣味のミニマリストも多いのではないでしょうか?

 

また紙の本でも意外と負担は少ないです。

っというのも、中古市場が充実していてすぐに古本買取で処分できるし、そもそも図書館あるので、買わなくても良かったり。

 

読書はミニマリストにとっていちばんに考えたい趣味のひとつです。

ミニマリストにおすすめの趣味 ⑧筋トレ

f:id:sohhoshikawa:20211029103445j:plain

自重トレーニングならお金も必要なく「極めがい」もある筋トレ。

なんといっても健康的だし、ミニマリストどうのこうのじゃなくても、趣味にしたい人は多そうです。

 

ミニマリストなら思い切って、ちょっと大きなスポーツジムに入会するのはどうでしょうか?

それなりにお金は必要ですけど、ティップネスなど大きなスポーツジムにはシャワーだけでなくお風呂サウナがついているところも少なくありません。

 

だったら、自宅はシャワールームだけ、もしくは風呂なし物件でも良いのでは…?

 

そうやって暮らしの設備を家の外に求めることで、家賃を劇的に下げられるのもミニマリストの旨味のひとつです。

 

わたしも以前は、シャワーブースだけの物件に住んでいたので、よく銭湯に行っていました。

 

その物件は家賃3,4000円(!)。

住所はいちおう東京です。

 

例えばそれだけ家賃が安ければ、ティップネスの会費と合わせてもそんなに大きな負担ではありません。

そのうえで「プライベートサウナがついてくる」と思えば、なんとも得した気分になりますよね。

 

もちろん、そんな都合の良いシチュエーションはなかなかないでしょうけど(笑)

 

ただ最初に紹介した「住み放題」もそうですけど、ミニマリストを活かして自宅はシンプルに安く。

そして家の外に目を向けることで、コストパフォーマンスがグッと上がります。

 

家でできる筋トレにしたって、ゆっくりくつろぐ自宅と、筋トレをがんばるジムとで空間が切り替わったほうが集中できるのは確かでしょう。

まとめ:余白をいかして趣味に没頭

f:id:sohhoshikawa:20211029104131j:plain

今回はモノ少なめの趣味を紹介しましたが、「キャンプだとかDIYだとかモノが増えがちな趣味は邪道!」と言っているわけではありません(笑)

 

大事にしたいのは、ミニマリストになることでより趣味に没頭できるというそのロジックかなと思います。

 

モノや空間、情報をじぶんピッタリのミニマムサイズにすることで生まれる「余白」。

ミニマリストになることで時間、エネルギー、お金に余裕が出てくるんですね。

 

その余ったものを趣味に全力投下!

そうすることで、趣味自体が何倍も楽しいものに変わっていくでしょう。

 

以上、参考になったら嬉しいです!

   

ブログトップページへ