simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

IKEAのフロアランプ「AROD(アーロード)」を買いました。可動箇所が多く、角度が自由自在

IKEAのフロアランプ「アーロード」の写真

IKEAこのフロアランプ、数ヶ月前からずっと欲しくて狙っていました。

なかなか入荷しなかったのですが、このたびめでたくゲット!

 

「AROD(アーロード)」という商品名で、カラーはグリーンとブラックがあり、わたしが購入したのはグリーン。

価格は7,999円でした。

 

この手のフロアランプにしてはかなり安い方ではないでしょうか。

 

IKEAはフロアランプがさまざまある中でこれを選んだのは、たんじゅんに見た目が好みだったから(笑)

 

価格が安く、シンプルなニーモーネとも悩みましたが、なかなか買い換えるモノではないので、やっぱり見た目が決め手になりました。

 

購入を迷っている方の参考になるようにレビューします!

 

 

IKEAのフロアランプ「AROD(アーロード)」 支柱の可動域

アーロードには稼働する箇所が5つあります。

 

縦方向に”折れる”箇所が3つ(①、②、③)、横方向に”回る”箇所が2つ(A、B)ですね。

f:id:sohhoshikawa:20211013153611j:plain

動く部分

①、②、③の可動域はこんな感じ。

f:id:sohhoshikawa:20211013153939j:plain
f:id:sohhoshikawa:20211013153951j:plain
f:id:sohhoshikawa:20211013154051j:plain
f:id:sohhoshikawa:20211013154204j:plain
f:id:sohhoshikawa:20211013154237j:plain
f:id:sohhoshikawa:20211013154248j:plain

①は無理すればもう少し動きそうですが、コードが引っ張られたりするので、常識的な範囲で曲げると、だいたいこのようになると思います。

 

そしてAとBは、350度ぐらいまわりますね。

これだけ可動すればいろんなカタチで使えます。

 

グッとおじきしてみたり。

f:id:sohhoshikawa:20211013154333j:plain

おじき。手元にフォーカス

ちょっと猫背な人ぐらいの角度でも。

f:id:sohhoshikawa:20211013154352j:plain

猫背。こっちがおしゃれかな

ただ伸縮して高さが変わる部分はありません。

なので購入前は設置場所のソファや、デスクの高さを計算したほうが良さそうです。

 

もっとも、だいたいは合うでしょうけど。

参考までに、この猫背ヴァージョンだと、地面からランプ(電球)までの高さは約140cmです。

f:id:sohhoshikawa:20211013154604j:plain

床から電球付近まで

ちなみにスイッチはランプカバー背面にあります。

f:id:sohhoshikawa:20211013154658j:plain

点灯スイッチはここ

 

IKEAのフロアランプ「AROD(アーロード)」 明かりを灯してみた感じ

f:id:sohhoshikawa:20211013155610j:plain

暗闇にこのフロアランプだけをつけると、ご覧のように部屋の下だけが照らされます。

読書とか勉強に集中するには良い感じではないでしょうか?

 

使っている電球は485lm(40W相当)26口金、ダイソーのLED電球です。

個人的にはもうちょい暗くても良いかな?と思ってます。

 

ちょっとお値段貼るけど、調光タイプのLED電球も良いかもなぁ。

そもそも買おうと思ったきっかけは、夜はやわらかい光ですごしたいと思ったからでした。

 

やさしい電球色で、必要最小限の明かりの中で寝る数時間前からすごしたほうが、寝つきが良くなると思うんですよね。

 

効果のほどはまだよくわからないですが、届いたその日から、さっそく気どってフロアランプのしたで読書をしました(笑)

 

とにかく前から欲しかったのもあり、購入して満足感があります。

買ってよかった…!

 

以上、IKEAのフロアランプ「AROD(アーロード)」の紹介でした。

参考になったらうれしいです。

 

 

 

ブログトップページへ