simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

IKEAのラズベリー&ブルーベリージャムを買ってみました!

 

 

IKEAラズベリー&ブルーベリージャム

IKEAの食品っていろいろありますけど、人気商品のひとつがジャムだそうです。

 

IKEAのジャムは、

  1. ストロベリー
  2. リンゴンベリー
  3. オレンジ&エルダーフラワー
  4. ブルーベリー
  5. ラズベリー&ブルーベリー

と種類がありますが、今回わたしが購入したのは「ラズベリー&ブルーベリー

 

ふだんあんまりジャムって食べないんですけど、これはなかなか美味しかった!

 

意外とラズベリーが強い!贅沢な味

冷蔵庫から出してすぐというのもありますが、テクスチャーは固め

スプーンですくうと角が立つぐらい。

 

さいきんはより生っぽい味が好まれるのか、サラサラとしたジャムが増えていますよね。

でもなんだかんだ固めのほうが塗りやすい&食べやすいと思います。

 

またゴロゴロっと果肉…!ではありません。

ねっとりとジャムらしいペースト状。

 

しかしベリーの種のプチプチとした食感が良いアクセントになっています。

なので「果実感」というものも感じられると思います。

味は甘さと香りが全面に出ており、酸味はあまり感じません

また柑橘系ジャムによくあるような苦味も感じません

 

っとなると、子どもでも食べやすい味だと思います。

容量もたっぷりなので、家族の朝食に良さそうです。

 

そして意外とラズベリーの味と香りが濃い!

 

わたしラズベリーって大好きなんですが、生で買うと高いじゃないですか…。

 

「ラズベリー味」の食品もほとんど見かけませんし。

気軽じゃないよ、ラズベリー。

 

IKEAでもブルーベリーのみのジャムはあってもラズベリーのみはないし、やっぱりちょっと高級です。

 

しかしこのジャムはしっかりラズベリー感!

「もう口がラズベリーの味になっとんじゃ!」という時は、ぜひIKEAに走ってください(笑)

IKEA ラズベリー&ブルーベリージャムの栄養成分表示

IKEA ラズベリー&ブルーベリージャムの栄養成分表示

ジャムを固めるペクチンと、腐敗を抑えるpH調整剤は入っているものの、味付けはフルーツと砂糖のみとシンプルですね。(ペクチンとpH調整剤はどのジャムにもふつうに入ってます)

 

表記が「糖類」ではなく「砂糖」なので、これは純粋な砂糖なのでしょうか?

必要最低限の材料で作られているようにみえるので、わたしは好感が持てました。

 

IKEAは「サステナビリティ」を強く押し出していますし、プラントベースフードなんかも数多く販売しています。

 

まぁ、これが積極的に体に良いとは思いませんが、体に悪いモノを作っているイメージもない。

そこは信頼しているぞ、IKEA!

 

※栄養成分表示は今現在のものです。アレルギーの心配もありますので、購入時はよく確認してから買うようにお願いします。

 

購入は店舗で。IKEA Famliyに登録するとお得!

IKEAの食品は通販では購入できません

 

販売は店舗のみとなります。

でも今は渋谷、新宿、原宿など都市型店舗も増えていますので、手に入れやすくなっていると思います。

 

お値段は通常価格699円。

しかしIKEA Famliyだと599円でした!

 

内容量はたっぷり425gなので、単価としてはべらぼうに高いわけではない。

家族の朝食がパンで、ジャムの消費量が多い人には良さそう。

 

IKEA Famliyは年会費や入会費はありません。

ただの会員制度なので、特に理由がなければとりあえず入っておくのがおすすめです。

 

ジャムの他にも会員価格はたくさんありますし、土日の朝なんかはドリンクバーが無料になります。

 

IKEAのジャムはどれも400g以上。

やっぱり北欧の人はパン以外にも料理につかったり、スコーンにつかったりジャムの消費量が多いんですかね?

 

冬が長いから、保存が効くジャムが伝統的に重宝されていたのかな?

そんな風に異国に思いを馳せながらいただけるのも、海外食品の魅力かもしれません。

 

機会があればお試しください!

 

 

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me