simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

KINTOのSLOW COFFEE STYLEブリューワー(ドリッパー)を買いました。特徴は?

SCS-S01 ブリューワー 4cupsの画像

おしゃれなんだけど、比較的リーズナブルな価格で人気のメーカー「KINTO」。

 

特にコーヒーグッズはとても人気があります。

 

すこし前にこの「SLOW COFFEE STYLEブリューワー」というドリッパーを購入して使っているのでご紹介します。(正式な商品名は「SCS-S01 ブリューワー 4cups」)

 

とりあえず見た目がカッコいいですよね(笑)

黒い磁器製のドリッパーって意外と少ない気がします。


KINTOのSLOW COFFEE STYLEブリューワー


KINTO SLOW COFFEE STYLEブリューワーの特徴。スッキリした味になりやすい

このドリッパーはリブ(溝)が直線で入っており、穴も少し大きいです。

 

定番のハリオV60と比べてみてもこのとおり。

ハリオとの違い

穴が大きいということは、それだけ空間に余裕があるので、お湯が通り抜けるスペースも広がるということ。

 

またハリオはリブが曲線を描いているのに対し、KINTOは直線。

曲線のほうがお湯が側面をつたっていくときに距離が稼げるので、湯とコーヒーが触れる時間が長くなります。

 

つまりハリオに比べてKINTOは、お湯がコーヒー豆の中を駆け抜けるスピードが早い。

抽出スピードが早いのです。

 

具体的に時間は計っていませんが、実際に抽出してみるとその違いは明らか。

っということはつまり、KINTOのほうがエグみを出す可能性が少なく、あっさりした味わいを作りやすい

 

逆に言えば、抽出しきれずに薄くなってしまうリスクがあるとも言えます。

例えば「深煎りのコーヒーが好きだけど、それにしても濃く抽出されすぎちゃう…」なんて場合は、このKINTOのドリッパーを使うことで、修正されることが期待できますね。

いくつかあるKINTOのコーヒードリッパー。特徴を見て買おう

おおむね、このKINTOのドリッパーの特徴はわたしの好みではありません(笑)

もうちょっとしっかり抽出されるほうが好きかも。

 

なので、このドリッパーを使うときは、

  • 蒸らし時間をすこし長くしてみる
  • ドリップを細く、ゆっくりにしてみる

など工夫しています。

 

「そんなら潔くハリオ使えよ」って話なんですが、ルックスがすごく好みなんですよねぇ(笑)

 

それに工夫しながらドリップを楽しむのも、また一興です。

 

KINTOにのドリッパーには5つほど種類があります。

わたしが購入したこのドリッパーがいちばんスタンダードで使いやすいかな?

 

同じようなドリッパーで「ふち無し」があるんですけど、それだと専用のブリュワースタンドが必要になります。

サーバーやカップに直接セットできるほうが汎用性があるので、特に最初の1台として購入するなら、わたしと同じものをおすすめします。


KINTOのSLOW COFFEE STYLEブリューワー


 

以上、KINTOのSLOW COFFEE STYLEブリューワー(ドリッパー)の紹介でした。

参考になったらうれしいです。

 

ブログトップページへ