simplelog.me

ミニマリストの暮らしログ「シンプルログ ドット ミー」

【代々木八幡】可愛すぎるカフェ「メゾンドシャルロット」に行ってきました!シャルロットの部屋に迷い込む、その物語

※このサイトはPRを含みます

代々木公園からもそう遠くない場所にあるカフェ「MAISON DE CHARLOTTE(メゾンドシャルロット)」に友人と行ってきました。

 

めちゃっくちゃかわいい感じのお店で、ひとりではちょっと入れなかったかも(笑)

 

でもこの世界観が好きなら、間違いなく行く価値のあるお店だと思います。

 

味、見た目、インテリア、照明…どれをとってもこだわりが感じられ、唯一無二の世界を作り出しています。

 

極上のフランス菓子と紅茶

メインのメニューはスウィーツとお茶。

 

今回、わたしが頂いたのはカッサータというアイスクリームです。

メゾンドシャルロットのカッサータ

カッサータ

少し懐かしい感じのアイスクリームにナッツ類とベリー類がふんだんに。

 

上品な甘さとひんやり優しい冷たさ。

 

色とりどりの食感…。

 

すごく美味しい!

 

真夏だったら、朝から食べたい(笑)

 

そして友人が食べたのがこちら。

メゾンドシャルロットのタルトシトロン

タルトシトロン

メレンゲを焦がし、タルト生地といっしょに。

 

上部にレモンの砂糖漬けのようなものが乗っています。

 

一口いただきましたが、このレモンの香りがすごく生きていてめちゃくちゃ美味しかったです。

 

そしてまた、ドリンク類も気合の入れ方が違う!

 

わたしが頂いたのはアイスティーでしたが、「これが本当の紅茶なんだろうなぁ」というクオリティを感じました。

 

マジで、自宅やカフェチェーンで飲む紅茶とは別物です。

 

シロップを入れて飲むと本当に桃と勘違いするような、良い香りがしました。

 

冷たいお茶でこれだけ香りが楽しめるって、茶葉や抽出方法に相当だわっているのだと思います。

こだわり抜いたインテリア、世界観

メゾンドシャルロットの紅茶

メゾンドシャルロットの特徴はその味もさることながら、インテリアや音楽、照明、そして店員さんの服装に至るまで空間すべてのこだわりです。

 

そもそも「メゾンドシャルロット」という名前もすごくコンセプトチック

 

シャルロットの部屋」という意味ですが、お店はなんと本当にマンションの一室を改装して作っているんです。

 

ドアを開けてそこに踏み入れると、非日常の優しい空間が広がっている。

 

ある意味で、ディズニーランドに足を踏み入れるようなワクワク感があります。

 

しかしわたしはその世界観を一言で表す言葉を持っていません。

 

「ガーリー」「フェミニン」「女の子らしさ」そのような方向性ではあることは間違いないと思うのですが、〇〇系なんて一言で言いにくい感じがある。

 

「フランス映画」「バレエ」…なにかそのようなイメージもわきました。

 

言葉にはできないが、お店のひとつひとつのアイテムから、完全に通底するひとつの世界観を感じる。

 

「それって個人がやっているカフェなら当たり前じゃない?」と思うかもしれません。

 

しかし、わたしの経験ではメゾンドシャルロットほど、こだわりにこだわり抜いたカフェは見たことがありません。

 

お店にコンセプトがあるのは当たり前。

 

でもクオリティという意味で、群を抜いていると思います。

 

インテリアひとつとっても、そもそも置くのか、置かないのか。

 

置くなら、なにを置くべきなのか。

 

実は細部に至るまでちゃんとじぶんの意思を込めてデザインしているお店って、そう多くはありません。

 

フリーランスのわたしは、そのクオリティの高さに同じ個人事業主として尊敬します。

 

本当に良い仕事をなされていると思いますし、それを続けていらっしゃるのはすごいことです。

 

わたしが思う「完成度の高いカフェ」はこれまでふたつありました。

 

ひとつは下北沢の「スターバックス ネイバーフッド &コーヒー 代沢五丁目店」、もうひとつは同じく下北沢の「トロワ・シャンブル」です。

 

代沢五丁目店は特別なスタバで都内に数店舗しかありません。

 

インテリアの贅沢さ、席のゾーニングなど、とにかく居心地の良いお店です。

 

しかし、それが実現できるのはやはり世界最大のコーヒーチェーンであるスタバだから。

 

莫大な資金を投じて、一流のデザイナーが手掛けているからこそです。

 

対してトロワ・シャンブルは創業して40年という悠久のときに磨かれた魅力があります。

 

今さら新規のお店がトロワ・シャンブルを真似しようとしても、絶対に不可能な「時の壁」がそこにはあるんですね。

 

そんな中でメゾンドシャルロットは、そのふたつに勝るとも劣らない完成度があるなと感じました。

 

個人でやられているので、スタバほど資金があるはずはない。

 

またトロワ・シャンブルほど歴史があるわけでもない。

 

それでもあれだけのお店を作られたのは、ほんとうに驚愕です。

 

裏で相当の努力もあったろうし、素晴らしいセンスと才能の持ち主なんだろうと想像させられました。

 

写真は手元のみ

ちなみにメゾンドシャルロットでは、写真撮影は手元を数枚と決められれています。

 

そのルール、納得です。

 

これだけの空間を写真でネタバレするのはもったいないですもん。

 

足を運ぶ前のワクワク感はすごく大事な要素だと思います。

 

それに撮影行為でその場の空気が壊れてしまうのも、もったいないですよね。

 

もちろん人によってその世界観に合う、合わないはあります。

 

おおむね男性ひとりだと、なかなか足を運びにくいかなぁと思います。(行っちゃダメではないと思う)

 

ディズニー、とりわけ「美女と野獣」が好きな人ならストライクじゃないかなぁ。

営業時間は公式SNSをチェック

興味を持たれた方はぜひ行ってみてください!

 

こんなご時世ですから、足を運ぶ前に公式SNSで最新情報をチェックしてからどうぞ。

 

洋菓子店 MAISON DE CHARLOTTE|Instagram

 

メゾンドシャルロットの近所のお店も紹介しています!

 

合わせてチェックしてみてください。

 

関連記事:代々木八幡の雑貨屋さん「暮らしの店 黄魚(きお)」がすごく良かった。ミニマリストにはたまらんミニマルデザイン

 

関連記事:カタネベーカリーカフェのモーニングに行ってきました!スペシャルな朝がはじめられる店

 

関連記事:【代々木公園】グルメバーガー「ARMS(アームズ)」に行ってきました。セロリハニーマスタードバーガー美味しい!

 

 

今日のあとがき

2月16日

う〜ん、引っ越すか悩む…。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me