simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

ミニマリストが財布に入れているモノを紹介。使っているキャッシュレス決済も

 

わたしの財布の中身をご紹介します!

 

ミニマリスト」を自称しているこのブログ。

 

でも財布(お金)に関しては、こうして記事にしてみると、あんがいシンプルでもミニマムでもなかった(笑)

 

フリーランスなので、どうしても口座やカードがプラスして必要になるってこともあるんですが。

 

わたしと同じ「30代」「ひとり暮らし」だと参考になるかもしれません。

 

 

メインの財布に入れているモノ

ミニマリストの財布の中身

  1. 小銭、お札 10,000円ぐらい
  2. Tipness(スポーツジム)の会員カード
  3. 温泉の会員カード
  4. マイナンバーカード
  5. 健康保険証
  6. 三菱UFJ銀行 キャッシュカード
  7. みずほ銀行 キャッシュカード
  8. 楽天銀行 キャッシュカード

を入れています!

 

将来的に健康保険証は持ち歩く必要はなくなりそうですね。

 

今はまだお医者さんでマイナンバーカードを保険証として使うと、手数料がかかっちゃうみたいです。

 

使っている口座のキャッシュカードは3つ、常に入れています。

 

月に2回ほど資金を動かす必要があるんですね。

 

ネットバンキングの振り込みでもできるっちゃできるんですが、どうしても手数料がかかっちゃう。

 

幸い、近所にATMが揃っているのでそこまで手間にはなっていません。

 

あと現金を触って「ちゃんと稼げている実感」を得たいっていうのもありますね。

 

逆に支払いで現金はホントに使わなくなりました。

 

近所の八百屋さんでぬか漬けを買う時ぐらいですね(笑)

 

後は温泉とジムの会員カードぐらい。

 

意外や意外、クレジットカードは持ち歩いていなんですね。

 

それはスマホのおかげです!

使っているキャッシュレス系のアプリ

  1. 楽天PAY
  2. モバイルSUICA(楽天PAY内)
  3. MUJI Passport
  4. Starbucks Card

の4つを使っています。

 

厳密にはSUICAは楽天PAYに内蔵されているので3つですね。

 

わたしの生活圏だとSUICAと楽天PAYさえあれば、キャッシュレス決済できないお店はほとんどないです。

 

無印とスタバのやつはそれぞれの専用の決済アプリですね。

 

これら4つはすべて同じ楽天カードに紐付いています

 

なのでこれさえ使っておけば、楽天ポイントとそれぞれのポイントが二重取りされる仕組み。

スーパー専用の財布に入れているモノ

わたしはスーパーマーケット専用の財布をもうひとつ使っています。

 

これはちょっと独特の習慣かもしれません。

 

今はひとり暮らしなんですけど、兄弟と住んでいた時期が長く「共有の財布」が必要だったんですね。

 

それが今も続いちゃってます。

 

この財布には、

  1. 楽天カード(さっきのアプリたちに紐付いている)
  2. スーパーのポイントカード
  3. 無料ミネラルウォーターのカード

が入っています。

 

ここでもやはり楽天ポイントと、スーパーの独自ポイントが二重取りされるようにしてます。

 

ただ専用財布を持つこの習慣、もうやめちゃってもよいかもなんですが、みなさんスーパー専用のエコバッグなんか使ってますよね?

 

そのエコバッグにこの財布をぽんと入れておくと、すごく便利なんですよねぇ。

 

お金の流れが頭のなかで整理されてわかりやすいんです。

 

あと10枚以上いろんなカードがひとつの財布に入っていると、かさばるし、取り出しにくいというのもあります。

全体的なお金の流れ

ぜんぜんシンプルじゃない(笑)

 

口座3つ、クレジットカード2枚、財布2つ、アプリ4つですからね。

 

実はここにさらに税金支払い用のクレジットカードなんかもあるので、ものごとはもっと複雑です。

 

フリーランス仕事のせいもあるので仕方ないとは言え、こうして整理して見るともうちょっと簡略化したい気も。

 

でもいざお金を支払うときの利便性を考えると、やっぱりこれで良い気もするし…。

 

それぞれ設定だけやっておけば、あとはめんどうなこともないですしね。

 

また、もっとガメつくやろうとすれば、いくらでもできます。

 

八百屋でPayPayを使うこともできたりとか(笑)

 

でもこのぐらいで打ち止めにしないとキリがないので、今のわたしにはこれが合っているかなと思います。

わたしが使っている財布は「フライターグ」

メインで使っているこの財布は「Freitag(フライターグ)」。

 

トラックの荷台を覆う布をリメイクしてつくったとってもエコな商品です。

 

知る人ぞ知る人気ブランドですね。

 

シンプルデザインで長く使うことができ、ミニマリストの人にもおすすめですよ!

 

関連記事:FREITAG(フライターグ)の財布「F51 DALLAS」を買ったのでレビュー。サステナブルなブランド!

 

 

今日のあとがき

8月17日

わたしたちはよく「なにになりたいの?」なんて聞きますが、この「なる」という言葉はちょっと注意が必要だなと思います。「なる」ことを考えたとき、そこにはだいたい「他人の目線」が入っていますよね。例えばサッカー選手に「なる」には、監督やコーチから実力を認められ、ファンからの称賛も必要でしょう。でも、あるていど大人になってくると、「なる」ことよりも「やる」ことや「いる」ことにフォーカスしたほうが良さそうです。サッカー選手に「なる」ことよりも、サッカーを「やる」ことのほうが大切。なにに「なった」としても、それは他人からの評価なわけで、他人からの評価はいつも揺らいでいるから、いつも不安になってしまう。何にもなられなかった、今後もなれそうにない大人は「なる」ことを捨てて「やる」とか「いる」を見つけたほうが人生楽しいかなと。それに実は超一流のプロって「なる」ことよりも「やる」ことを大切にしてたりしますよね。イチローさんは引退しましたけど、あいかわらず野球を「やる」ことをエンジョイしてるよなぁ。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me