simplelog.me

ミニマリストの暮らしログ「シンプルログ ドット ミー」

服の買いすぎ防止のため「自分のスタイル」を見つける4ステップ

※このサイトはPRを含みます

 

 

服を買いすぎてしまう理由の一つに、

 

自分のファッションスタイルが確立していない

 

ことがよく挙げられます。

 

しかしどうすれば「自分のスタイル」が確立できるのか?

 

この記事では、わたしの経験からその方法を4ステップで紹介していきます。

 

「自分のスタイル」を確立しているミニマリストのファッションに興味がある人も、ぜひ読んでみて下さい。

ステップ① 試着する

まずはオンライン購入をやめて、店舗で試着します。

 

結局、服について理解するためにいちばん必要なことは、着ることだと思います。

 

ファッションに関する「理論」や「ノウハウ」は巷に溢れていますよね。

 

しかしその理屈が必ずしも「自分のスタイル」の正解であるとは限りません。

 

そもそも人はみんな体型や肌色、髪質が違うから、似合う服が違います。

 

それでいてあくまで「自分のスタイル」ですから、理論上の似合う服が気に入るとも限らない。

 

似合っているし、気に入ったし、じぶんのトレードマークにしたいなと思える服。

 

それを見つけるには、遠回りでも試着するしか方法はありません。

 

服を着て、鏡を見て、考える

 

そしてまた、着て見て考える…。

 

この繰り返しがファッションリテラシーを上げる一番の努力だと思います。

 

幸い、試着は無料です。

 

時間をつくって、できる限り試着にトライするのをおすすめします。

 

ステップ② 買ってみる

「自分のスタイル」とは何も見た目の問題だけではありません

 

ライフスタイルの問題もあります。

 

小さな子どもがいて、公園でよく遊ぶから軽量かつイージーケアが良い。

 

車によく乗るから、ロングコートよりもショートブルゾンが良い。

 

肌が弱いから、化学繊維より天然繊維が良い。

 

人それぞれ服に求めるものが違うし、実は自分自身も求めているものに気づいていないことが多いです。

 

これはやはり、実際にその服を購入して、着て、生活するしか方法はないでしょう。

 

前提条件(ライフスタイル)が人それぞれである以上、自分で実験しない限り、答えには近づけません。

 

服は、その服と一緒に暮らさないと見えてこないことが、本当に多いです。

 

試着して見た目では納得した服でも、家に持ち帰るとあんがい着ない

 

「こんなにシワが入るのか…(アイロンめんどくさ…)」

 

「首元すぐよれる…。(買い替えるのダル…)」

 

そんなこともしばしば起こります。

 

しかしそうした失敗は前提

 

失敗を経て、徐々にファッションリテラシーが上がっていくのが、現実的なところだと思います。

 

購入前に感じる「これはじぶんに合っているかも…」という仮説の精度は、それまでの経験に基づいています

 

予算の許す限り、試着して良かった服は家に持ち帰ってみて下さい。

ステップ③ 手放す

試着も購入も勉強であり、挑戦です。

 

挑戦する限り、失敗するのは当たり前

 

でも失敗をそのまま放置していると、クローゼットに服が溢れ、挫折感でいっぱいになり、下手するとファッションが嫌いになってしまうかもしれません。

 

それでは本末転倒なので、着なくなった服は快く手放していきましょう。

 

関連記事:洋服のスムーズな捨て方6ステップ。効率的な服の捨て活の手順

 

ステップ④ 妥協する

おそらくここが最大のポイント

 

少しずつ見えてきた「自分のスタイル」も、適当なところで妥協します。

 

っというのも、わたしたち一般人が購入する服って既製服ですよね。

 

既製服がぴったり合うってことは、まぁまずないわけです。

 

「合う服は基本的にない」という前提なのに、完璧を求めすぎると、

 

いっぱい買って、いっぱい捨てる

 

の繰り返しになります。

 

いたずらに消費を繰り返すのは、あまりヘルシーではないと思います。

 

服に興味を持って、いろんなファッションに挑戦する。

 

ファッション業界への理解を深める。

 

それはとても素敵なことだと思います。

 

しかし新しい服や着こなしが、無限に生まれ続けるのがファッションの世界です。

 

業界やメディアが、

 

「あなたはこのぐらいで良いですよ」

 

と線引してくれることは決してありません。

 

だから完璧を目指して新しい服や提案をすべて試していたら、お金と時間がいくらあっても足りなくなります。

 

他者が妥協案を提供してくれない以上、ある地点で「まぁ、このぐらいでいいか」と自分自身で妥協するしかありません

 

妥協と言うとネガティブな気がしますが、言い換えればそれは満足

 

「ここまでがんばって研究したし、今はこれくらいで良しとしよう」という心持ち。

 

ふっと肩の力が抜けると、きっと満足感が生まれてくると思います。

実はミニマリストも…

「自分のスタイル」を確立しているミニマリストのファッション。

 

「カプセルワードローブ」や「私服の制服化」は、ある種の魅力がありますよね。

 

そういった動画やブログを見ると、

 

「芯のある人」

 

「ブレない自分」

 

「理性的で賢い人」

 

そんなポジティブなイメージを抱くと思います。

 

ところがたいていのミニマリストは、服を大量に持っていた時代を経て、そうなっています。

 

まぁ、書籍だとストーリー上の都合もあるかもしれませんが、

わたしもかつては服をたくさん持っていて…

という一節は必ず目にしますよね。

 

冒頭からお話した通り、服への理解は「着る経験」がもっとも大切です。

 

そう考えると、ミニマリストのかつて服が溢れていた時代も、必要な経験だったと言えるでしょう。

 

例えば憧れのミニマリストがいて、そっくりその人のワードローブを買い揃えたとする。

 

ところがいざ真似しても、あんがい満足感がなかったり。

 

それは積んできた経験や、その人と自分の現状が違うからです。

 

しかしこう言うと、

だからあなたもいっぱい買おう!

というメッセージに受け取られかねない(笑)

 

そうならないためには、やはり「妥協する」のがいちばんのポイントになってきます。

 

実のところ、

これがわたしのマイスタイル!

とは、宣伝文句のひとつでもあるのです。

 

「自分のスタイル」のヒントになる提案延々と続きます

 

全てを試していると、あれよあれよといつの間にか服を買ってしまい、最初に目指した「買いすぎ防止」はどこ吹く風。

 

つまり「自分のスタイル」は、

  1. 買って、着て、暮らしてみないと見つからない
  2. 一方で買いすぎれば、これまた見つからない

という矛盾した側面を持っている。

 

だからどこかで勇気を持って妥協案を採用するのが、いちばん大事なポイントです。

 

ぜひそこを大事に「自分のスタイル」を研究してみて下さい。

 

 

TOP

Copyright © 2024 simplelog.me