simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

夏葉社、島田潤一郎さん著『古くてあたらしい仕事』を読みました。誠実さを妥協しない仕事をひとりでやる。勇気をもらえた本

夏葉社の島田潤一郎さんの『古くてあたらしい仕事』の表紙

「ひとり出版社」である夏葉社を営む島田潤一郎さんの本です。

夏葉社を立ち上げた経緯や、仕事をする中で感じたことを綴ったエッセイになっています。

 

その内容は「仕事術」といった、いわゆるノウハウではありません。

即効性のあるライフハックは書いてありません。

 

どちらかと言うと、仕事に挑む「態度」や「姿勢」。

アティチュードが書かれています。

 

そもそも島田さんの仕事はすごくシンプルで、自分が読みたいと思う良い本を作って売るだけ。

それは時に経済的に不合理だったりします。

 

しかし「ひとり」だからこそ、不合理を受け入れて、自分の信じる仕事ができると。

 

 

誠実な仕事をする=他人を信じる

わたしは「ひとりメディア」を運営しています。 

立場が似ているので、すごく共感する部分が多かった。

  

わたしは、自分の信じることを続けるためには「自分が信じることを他人が評価してくれることを信じる」ことが必要だと思います。

 

世界が多様であること、人に個性があることを信じなければ、自分の誠実さでもって一歩を踏み出すことはできないでしょう。

そして島田さんもこの本の中で、本を取り巻く仕事や読者を信じて行動しているように感じました。

 

一方で、それは綺麗事のようにも思えますよね。 

「そうは言っても現実は厳しいでしょ?」と突っ込まれれば、それはもう「そのとおりだ」と言うしかありません。

 

でも、ひとりで仕事をすることのおもしろさは、一人分を稼げば良いので「誠実さ」に妥協しなくて良いことです。

「社員を食べさせなきゃ…!」なんてプレッシャーは皆無。

 

自分ひとりが暮らしていく分には、どうにかこうにかやっていけるものだと実感を持っています。

それはやはり、現実として世界は多様で、人間はいろいろだからでしょう。

 

夏葉社も「2,500部」というスケールを目標に、誠実に商売を営もうと挑戦されています。

その姿にとても勇気がもらえた気がしました。

生活者として

わたしがこの本を読んで好感が持てたのは、島田さん自身が「生活者」に見えたからです。

起業家でも、ビジネスマンでも、フリーランスでも、サラリーマンでもない、ただの生活者として生きてきた様を綴っている。

 

本の中には感動的なストーリーがあります。

でもそのストーリーは、夏葉社の成功ストーリーではありません。

 

ただ市井の生活者として生きてきたなかで紡がれたストーリー。

「ストーリーのためのストーリー」ではなく、ただ人生の足跡を振り返っただけ。

 

ビジネス本は、時に特別なストーリーを生きる方法を提示します。

おもに成功というゴールを目指すストーリーです。

 

でも、翻って考えていると、人生はいつだって特別なストーリーです。

平凡に見える人生も、すべてが平坦だったわけではない。

 

「生きていれば、いろいろある」のが人生。

きっと誰にだってストーリーはあって、もしそれを本にできたのなら、きっと誰かの心を暖めることができるでしょう。

 

しかし、本の中ですから、増え続けているのはわかりやすいストーリーです。

ひとりで仕事する=フリーランスのおもしろさは「誠実さ」に妥協しなくて良いことだ、と言いました。

 

けれど世の中に出回っている本は、そのフリーランスですら、画一的な成功を促す内容が多くなっている。

 

その現状にひどく寂しい思いを感じることがあります。

その時、ふっと本屋で手にとったこの本が、わたしの気持ちを温めてくれました。

 

こんな言葉ありました。

本を読むことは、音楽に耳を澄ませることは、テレビの前でスポーツに熱中することは、現実逃避なのではない。その世界をとうして、違う角度から、もう一度現実を見つめ直すのだ。

わたしの目の前は、ときどき「成功」という一色の答えで染まりそうになります。

 

でもこの本を読むことで、わたしは「違う角度から、もう一度現実を見つめ直す」ことができたように思います。

それでもまた、ひとつの色に染まりそうになることがあるでしょう。

 

だから、この本を本棚において、ときどき薬のように読んでいきたいと思います。

平易でやわらかい文体で書かれたこの本は、きっと誰にとっても読みやすいと思います。

 

立場がどうあれ、たくさんの人に読んでほし一冊です。

ぜひ読んでみて下さい。

 

関連記事:個性的な本をつくる「小さな出版社」まとめ。流行に流されない本

 

 

ブログトップページへ