simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

タバコ 酒 ギャンブルをしない男のわたしが得したな、損したなと思うこと

f:id:sohhoshikawa:20210712182514p:plain

男の嗜みが全然できないわたし。

幼いころから喘息でタバコは吸えない。

 

酒を飲むと早め早めに気持ち悪くなり、ずっと貧乏だったのでギャンブルには手を出してきませんでした。

ミスターノーワイルド。

 

でも、それで「得したな」と思うこともあるんです。

 

体力アリアリ、バトルタイプの男社会がっつりの人にバカにされながらも、なんとかマイペースにやってきました。

この記事では、同じように男社会になじめない人を励ましたいと思います!

 

 

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で得したこと①:お金がかからない

f:id:sohhoshikawa:20210712180851j:plain

現在、タバコ一箱500円ですか?

どっひゃー、牛丼より高いって暴利ですよね(笑)

 

タバコが高コストなのは単価だけではありません。

依存性があるから、継続性があるのが怖い。

 

つまり数日に1回、ヘタすりゃ毎日500円を払い続けるわけです。

もし1日一箱吸ったら、1ヶ月で15,000円…。

 

っということは逆に、タバコを吸わない人は吸う人に比べて毎月15,000円余裕があると考えることもできる。

15,000円あったらスーパー銭湯でマッサージ受けたり豪遊できますね(笑)

Nitendo switchのソフト2本買えるな…。

 

実際にはギャンブル(パチンコ)中、飲み会中にタバコは大量消費されるでしょうから、この3つに支払う金額はもっと大きいのではないでしょうか。

 

仮に毎月30,000円をこの3つに使っているとしたら、年間で36万円です。

36万って言ったら、なにか講座受けて資格も取れるでしょうし、おおげじゃなく人生変えられるレベル。

 

そういったチャンスをタバコやお酒に使っていると思うと、ずいぶん損だと思えるし、逆にやっていない人はチャンスに思えるのではないでしょうか。

 

1ヶ月で禁煙までサポートするグッズ↓でも、1ヶ月分13,000円ぐらい。

 

禁煙に成功すればあっという間に元がとれちゃうので、もし止めたいのなら、今すぐにでも使ったほうがお得ですねぇ。

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で得したこと②:時間が無駄にならない

f:id:sohhoshikawa:20210712180906j:plain

極端な話ですが、非喫煙者は喫煙者がタバコを吸っている時間に、お金を稼ぐことができます。

タバコ1本吸うのに15分として、1箱20本入り。

つまり一箱5時間ですね。

 

5時間でいくら稼げるでしょうか?

時給1,000円だとして5,000円ですね。

 

これは「喫煙者より5,000円得した!」ということに留まりません。

実際には喫煙者が500円使っている間に、5000円稼いだわけですから、両者の開きは実質5,500円になります。

 

現実的には細切れのタバコ時間と時給1,000円の仕事を比べるのはフェアじゃありません。

タバコ吸いながら働けるわ!ということもあるかもしれませんし…。

 

ただこれをギャンブル(パチンコ)に置き換えた場合、ものすごい説得力が出ると思いませんか?

湯水のごとく消費に時間を使う人と、生産に時間を使う人の差は、だんだんと開いていきます。

 

例えば、毎月パチンコに15,000円使うTさんと、ギャンブルをまったくしないSくんがいたとしましょう。

ふたりは同じ時給のフリーターです。

 

SくんはTさんがパチンコで使う15,000円で本を10冊買い、Tさんが遊んでいる時間に読んでいました。

 

彼らふたりの「差」は1ヶ月、2か月ではそうありません。

しかし1年たったらどうでしょうか?

SくんはTさんに比べて、120冊以上の知識を持っていることになります。

 

もしあなたが会社の人事部で、彼らふたりが正社員になろうと面接にきたら、どちらを採用したいですか?

…言わずもがな、ですよね。

 

わたしもこの話と同じように、タバコやお酒、ギャンブルをしないことによってフリーターから今の生活(フリーランス)にステップアップできたように思います。

 

まだ独立する前、周りにはこの3つを嗜むフリーター仲間がいっぱいいました。

わたしが独立した後も、彼らはまだフリーターを続けています。

 

だからといって、自分の能力が彼らより優れているとは到底、思えないんです。

ただお金と時間をどこに使うか、その違いだけに思えます。

 

タバコ、酒、ギャンブルができないという幸運が、今のわたしの幸せを作ってくれました。

 

実際、わたしのフリーランス仲間でも5年、10年と続けている人はやっぱりこの3つをほとんどしません。

じゃあ、何しているの?というと仕事です(笑)

仕事がそれ以上に楽しいから、ストレス解消にお酒!とか必要ないんですね。

 

別にフリーランスになってお金を稼げ!とは言いませんが、男社会になじめないわたしたちは、それ以上に膨大な時間とお金を持っているというメリットは忘れないでいて欲しいと思います。

 

 

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で得したこと③:健康的

f:id:sohhoshikawa:20210712181118j:plain
この3つをしないからといって必ずしも健康だとは言えませんが、特にタバコ、アルコールの健康的デメリットは、もう色んなところで語られていますよね。

 

けっきょく、健康な方がお金もかからないので、金銭的にはやらない人がずいぶんと得なんです。

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で得したこと④:子どもに好かれる

f:id:sohhoshikawa:20210712182110j:plain

子どもって基本的にタバコの匂いが嫌いですよね。

大人より嗅覚が敏感だから、不快感も強いんだと思います。

 

いぜん、知り合いの母子家庭の子どものめんどうを見る機会があったんですよ。

たしか当時、小学2年生の男の子と5年生の女の子でした。

 

ふいに聞かれたんです。

 

女の子「ねぇ、ねぇ、〇〇(わたしの名前)はタバコ吸う?」

わたし「え?いや、吸わないよ」

女の子「いいな〜、パパも吸わなかったら良いのに!

 

…な、な、涙で前が見えません!(笑)

離れて暮らすパパ。

 

たまに会う時、楽しみにしていたのにタバコ臭くてちょっとゲンナリしちゃう。

数少ない機会だからこそ、きっとその匂いは強く記憶に定着するのでしょうね。

 

彼女のなかでパパは一生「タバコ臭いパパ」です。

そんなの切ないじゃないですか。

 

きっと「酒臭い」もいっしょですよね。

子どものことを考えると、ホントに酒、タバコ、ギャンブルはしないで良かったと思います。

 

 

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で損したこと①:友達が少ない

f:id:sohhoshikawa:20210712181019j:plain

逆に損したことは何かというと、それはやっぱりコミュニケーション不足ではないでしょうか?

みんな喫煙室で何を話してるんですか?

気になる…。

 

特にフリーター時代は喫煙者が多い職場だったので、喫煙室トークで「暗黙知」みたいなのができてたみたいでツラかったですね(笑)

「は?あの人ってそんなキャラなの?」

「なにそのくだり!?」

疎外感あったなー。

 

結果的になかなか友達と呼べる人はできませんでした

タバコもギャンブルもお酒もその意義の多くはコミュニケーションになっていると思います。

 

お酒の席で盛り上がるのは楽しいって言うのは、まぁわたしもわかりますが。

あんまり飲み会の頻度が多いと疲れを感じますね。

 

飲み会とギャンブルは休日のレジャーのメインストリームだし、そこにタバコも付随してくる。

で、そこに馴染めないとなると、ホントに友達ができません(笑)

タバコ 酒 ギャンブルをしない男で損したこと②:サラリーマン生活が辛い

f:id:sohhoshikawa:20210712181032j:plain

結果的に「飲みニケーション」や「喫煙室トーク」が隆盛のサラリーマン文化にはなじめずにけっこう悩みました。

夜しっかり飲んだ後でちゃんと朝起きて働くとかすげぇ…。

 

「普通の人」って体力ありすぎる。

わたしなんて今、22時過ぎには寝てますから(笑)

 

まぁ、今はだんだんと飲み会とか減ってきているようですね。(コロナとは違う意味で)

喫煙率も年々下落の一途をたどっているし、今の若人が羨ましいなぁ…。

 

時代が違ったらサラリーマンになって、みんなで仕事の苦労や喜びを分かち合う人生を送ってみたかったです(笑)

 

 

まとめ:タバコ 酒 ギャンブルをしない男は孤独に強くなろう

f:id:sohhoshikawa:20210712181048j:plain

タバコ、酒、ギャンブル…。

これらを嗜む人も実は「良くないこと」だと思っていますよね。

 

でも身体的な依存と、それを辞めたことによって生じる精神的な孤独からなかなか辞められないのだと思います。(っというか「やめろ!」とは別に思いませんが)

 

逆にやらない人は寂しさに堪えないといけません。

 

なんなら「男社会(旧来の体育会系)」の中でバリバリ生きる人たちに、

「男なのにタバコも吸えねぇのかよ」

「飲めないでどうするよ」

なんてバカにされた経験もあるかもしれません。

 

でもその寂しさ辛さにに耐えて、自分を伸ばしてあげることに集中するときっと良いことがありますよ。

それはわたしの人生から言えます。

 

逆に今、喫煙しているけど「タバコやめないとなぁ…」と考えているなら、「離煙パイプ 」を検討してみて下さい。

ふだんのタバコに装着して、いつものように吸うだけで、毎日、少しずつニコチンを減らしていく仕組みです。

 

禁煙成功率は89.3%とのこと!

税込みで13,200円しますが、さっき言ったとおり、禁煙できればソッコーで元がとれます。

 

禁煙で生まれた新しいお金、時間を使って、趣味に仕事に自己投資に没頭して、新しい自分になりましょう。

 

以上、「タバコ 酒 ギャンブルをしない男のわたし得したな、損したなと思うこと」という話題でした。

参考になったらうれしいです。

関連記事:無職になりたい?無職になる方法、無職を続けていく方法を解説

 

 

 

ブログトップページへ