simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

読んだ本の内容を忘れないためにやると良いこと4選

「読書をもっと有意義にしたい!」

 

せっかく本を読んでも、その内容を忘れてしまったら意味がないように思いますよね。

そこでこの記事では、読んだ本の内容を記憶に留めておくアイディアをご紹介。

 

かんたんにできるものばかりです!

紙の本で読む

スマホで電子書籍を読む、紙の本を読む。

この2つなら紙の本を読んだ方が記憶の定着が良いそうです。

 

研究結果が発表されています。

50人の被験者に28ページの短編小説を読んでもらい、後から重要なシーンをどれくらい思いだせるかをテストしました。このとき、被験者の半分はKindleで、残りの半分はペーパーバックで読んでもらいました。 登場人物や設定を思い出すことに関しては、どちらのグループも同程度の成績だったと、ガーディアン紙が報告しています。ところが、物語のプロットを再構築するよう頼んだところ、大きな違いが見られました。電子書籍で読んだ人は、14のストーリーイベントを正しい順番に並べるテストにおいて、著しく悪い成績を示しました。 マンゲン氏は、先月イタリアで開かれたカンファレンスにおいて、研究発表を行い、この結果についての推論を話しています。 「物語の進行に合わせて紙をめくっていくという作業が、一種の感覚的な補助となります。すなわち、触覚が、視覚をサポートするのです-https://www.lifehacker.jp/2014/09/140906paperbook.html

特に小説など物語を覚える上では紙の本の方が良いと。

 

電子書籍はスピーディにどんどん読むのには向いているのですが、たしかに文学作品とじっくり向き合うのにはイマイチかもしれません。

 

電子書籍読むようになって、「なんか読書体験が薄くなったような…」と違和感を感じている人は紙の本に戻してみると良いかもしれません。

関連記事:今どき、紙の本を読むメリット5選

付箋やメモをする

紙の本のメリットと言えば、本に直接書き込めたり、付箋でメモを残せること。

本に線をひいたりメモを残せば、じっくり読み返さなくても、パラパラとページをめくるだけで、心に残った部分をすぐに見返すことができます。

 

また本に書き込むのではなく、別に読書メモを書くのもよくおすすめされますよね。

 

手帳を新調して、読書メモを書いていく…。 その手帳は日々を追うごとに少しづつ宝物になっていきそうです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

白子(@minimam_naritai)がシェアした投稿 -

 

また白いノートや手帳を読書メモにするのも良いですが、専用の「読書ノート」というものも販売されています。

著者やタイトル、読んだ日を書き込む欄があらかじめ用意されているので、読書記録を定量的に管理できます。

 

いっけんして必要なさそうな記録でも、まじめに欄を埋めていくと、「あれ?いつのまにかこの出版社の本ばかり読んでるな?」とか、新しい発見があるかもしれません。

 

専用のノートを買うことで、モチベーションアップも期待できそうですね。

「何事もカタチから入る!」という人は専用の読書ノートを利用してみて下さい。

ブログやSNSでアウトプットする

読書メーターとかブクログといったサービスは聞いたことがあるでしょうか?

それらは読書アプリ、本棚アプリなどと呼ばれるもので、アプリ(ウェブ)の中で読書記録をつけていけるものです。

 

読書アプリのメリットは、書いた読書記録や書評を他人と共有できるという点でしょうか。

紙の読書ノートだと完全に自分ためのものですよね。

 

読書アプリはSNS的に本の感想を読んだり、読んでもらったりすることができるので、ただ記録するよりも広がりがあります。

またスマホからいつでもメモできる便利さもありますね。

 

同じように専用アプリ以外でもブログもおすすめです。

ブログの方がより幅広い内容のことを書きやすいので、読書記録だけでなく日記も付けたい人ならブログの方が便利ですね。

 

読書SNSについてはこちらの関連記事もどうぞ。

関連記事:読書、書評のSNSアプリ4選。読書の記録、本好きのコミュニケーションが楽しめる

 

逆に紙の読書ノートのメリットは色ペンを使ったり、写真を貼ってみたりと記録そのものの表現の自由度でしょうか。(まぁ、でも読書ノートを写真にとってもインスタにアップするという共有方法もありますね)

ぜひお好みに合わせて選んでみて下さい。

本を読む場所を変える

旅行先で読んだ本のことをいつまでも覚えていることってないでしょうか?

それはその場所と旅行という行為が本と強く結びついて、記憶に定着させているのだと思います。

 

逆算して、あえて場所を変えてみると本の内容を忘れずにいれるかもしれません。

考えて見ると、本が読める場所はたくさんあります。

 

喫茶店、ブックカフェ、公園でも。

気分転換を兼ねて本といっしょにおでかけしましょう。

 

本と一緒に思い出を作る…。

詩的ですが、そんなイメージを持つと楽しいかもしれません。

関連記事:読書に最適な場所は?おすすめの読書スポット4選

忘れても気にしない!読み返すのも楽しい

以上、「読んだ本を忘れない方法」をご紹介しました。

でも個人的には忘れたって良いし、むしろ読み直して「あ、こんなこと書いてたんだ!」っていう体験がむしろ楽しいのでは…なんて思ったりします。

 

読書術の本を読んでみると、とにかくズバズバ色んな本を読む乱読と、一冊を何度も繰り返し読む方法の2つがあることがわかりますよね。

まぁ、もう一度読むきっかけとしてやはり読書記録ぐらいはつけた方が良いのかな?と思います。

 

特に電子書籍の時代になると、「部屋に置いてある本をなんとなく手に取って読み返す」という可能性がなくなるので、意識して記録を残すことがより重要になりそう。

 

参考になったらうれしいです。

ブログトップページへ