simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

【2021年】GW中に開催している「オンライン焼物市」まとめ。おうち時間を楽しみ、ワンランクアップさせる

コロナウィルスの影響で全国の「焼物市」が中止され、オンライン開催に切り替わっているようです。

調べてみると、けっこうたくさんあったのでまとめておきます。

 

関西圏、首都圏のみなさんはきっとステイホーム真っ最中でしょうから、買い物を楽しんで、さらにおうち時間が楽しくなるアイテムをゲットできて一石二鳥じゃないかなと思います。

 

 

益子ウェブ陶器市

f:id:sohhoshikawa:20210430100436j:plain

栃木県の益子は江戸時代末期から続く焼物の生産地。

窯業地で焼物に適した土や釉薬の原料に恵まれているそうです。

 

上出長右衛門窯窯まつり

石川県の伝統工芸・九谷焼。

その窯元のひとつ「上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)」が窯まつりを開催します。

会場からのライブ配信もあるそうです。

ウェブ有田陶器市

 

f:id:sohhoshikawa:20210430100208j:plain

佐賀県有田町は17世紀に日本で初めて磁器が焼かれた磁器発祥の地だそうです。

例年の陶器市では全国からなんと100万人が訪れるそう。

 

焼物ファンなら絶対チェックしておきたいイベント。

砥部焼オンライン陶器市

240年の歴史を持ち伝統工芸品にも指定されている砥部焼は、白磁に「呉須(ごす)」と呼ばれる藍色の絵付けが特徴です。

 

初開催のオンライン陶器市では、50の窯元が自慢の食器を出品。皿や蕎麦猪口、花器など日常に寄り添ううつわのほか、一点ものの作品も並びます。

 

産地応援!全国CRAFT陶器市

f:id:sohhoshikawa:20210430095904j:plain

通常11,000円以上のお買い物で送料無料のところ、上記期間中CRAFT STOREの会員であれば5,500円以上のお買い物で全品送料無料。

これまで開催してきた全国14の産地約60窯元のやきものからおよそ100点を厳選した特設ページを公開します。

 

その他、素敵な暮らしの道具をお探しの方はこちらもご覧ください!

関連記事:素敵な「暮らしの道具」が買えるオンラインストア11選。お家でも買い物を楽しめる

 

 

ブログトップページへ