simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

【読書】スマホを置きっぱなしにしてファミレスで本を読んだら、読む力が復活した

ここさいきん、このブログでは「読んだ本の感想」をよく書いています。

 

すこし前から、どうも「読む力」がなくなってきていると感じていました。

 

なんだか目線が文字の上をサラサラと滑っていくような感じで、たしかに読んではいるんだけど、中身が入ってこない感じ。

 

しかし!

 

ちょっとしたことで、その「読む力」が復活した模様。

スマホをおいて外に出る

スマホを家に置きっぱなしにして、外に出て、ファミレスで本を読む。

 

たってこれだけのことで、なんとまぁ、読めることか!

 

やっぱりスマホって注意力とか集中力を奪うものなんですねぇ。

 

スマホを見ているときって、じぶんではエネルギーを使っていない感じがするじゃないですか?

 

でも、きっと脳の中では水面下で「あり・なし」「おもしろい・おもしろくない」とか、可否判断を繰り返しているんでしょうね。

 

例えば「いいね」ボタンが設置されているだけで、それを「押す・押さない」を判断しないといけない。

 

「パーソナライズ」とか、「シェア」とか、聞こえのいい、さまざまな大義名分が用意されているから、わたしたちはつい無批判にその「可否判断せざる得ない状態」を受け入れがちです。

 

でも、ひとたびそこから離れてみると、いかにその状態が疲れるものだったのかわかります(わかりました)。

 

たぶん、年齢(30代半ば)もあるんでしょうね。

 

そもそもの注意力とか集中力、意志力みたいなモノが若い頃より減退しているんだと思います。

 

人生に与えられた気力、体力、時間に対して、モノや情報が多すぎる。

 

これを自覚しないと、頭がボーッとしたままあっという間に死んでしまいそうです。

スマホは置きっぱなしがいい

ここさいきん、メルマガ購読を全解除したり、企業のLINE公式アカウントをブロックしたり、アプリの通知を消してみたりしました。

 

さらに「設定」の「Digital Wellbeing」機能を使って、アプリの使用時間を制限したり。(YouTube、Chrome、Googleをそれぞれ1日1時間ほどに)

 

スマホを上手に使う「ハック」を試みてみたんですね。

 

でもまぁ、まったく効果がないわけじゃないんですけど、とにかくスマホを捨て去るのがいちばんだった(笑)

 

家に置きっぱなしにして、どこかへ行く。

 

物理的に距離を置くのが、いちばんストレス軽減になる。

 

なんだか人間関係みたいだ。

 

この「スマホ置きっぱなし」は、はじめたばかりもあって、かなり爽快感あって人におすすめしたくなりました。

 

「重要な通知」が鳴りそうで不安な気もしますけど、離れている時間は正味2時間ぐらいでしょうから大丈夫。

 

いろいろと「ハック」を試みたおかげで「重要な通知」なんてなかなかないことがわかって、より勢いよく外に出かけることができたのは良かったかも。

 

このブログを読み終わったら、さっそくスマホをおいて外に出てみて下さい(笑)

 

 

今日のあとがき

10月4日

川っぺりムコリッタ、なんとなく調布の映画館で観てきました。調布には『NANA』に登場する「ジャクソンホール」のモデルになったお店があるらしい。NANAは連載当時の主人公の年齢がちょうどじぶんと重なっていたので思い出深い作品です。ナナたちが上京するときに、ちょうどじぶんも上京していたという。こんど行ってみよう!

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me