simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

【評判口コミ】リコマースでマッサージ家電など13点を売ってみました!査定額は安い?高い?

不用品買取の「リコマース 」を使ってみました!

 

リコマースは専門買取ではなく、他ジャンルの商品を買い取ってくれるサービス。

 

わたしも今回、いろいろ査定に出してみたので、体験談をご紹介します!

 

 

 

 

リコマースのメリット

Amazonアカウントで即注文が可能

逆に言うと、Amazonアカウントがないと利用できないのですが、これはメリットです。

 

ふつう、買取サービスを使う時は、住所や指名を入力しないといけません。

 

しかしリコマースなら、Amazonに登録されている情報を転用。

 

すぐさま買取を申し込むことができます。

本人確認が早くてラク

リコマースの本人確認は、

  1. 画像アップロード
  2. 郵便

のふたつの方法があります。

 

以前は「郵便」しかありませんでした。

 

郵便だと、郵便局員の方に自宅に来ていただき、本人確認してもらい、書類を受け取る必要がありました。

 

これはちょっとめんどうだったんですよね。

 

しかし最近のアップデートで、「画像アップロード」も可能に。

 

画像アップロードの場合は、リコマースのサイトから顔写真のある身分証明書の画像と、じぶんの画像(自撮り)を送るだけです。

 

スマホでサッと撮影してアップロードすればすぐに終わります。

自撮りを送るのはちょっと恥ずかしかったですけどね(笑)

 

リコマースの欠点だった本人確認のめんどくささが改善されて、使いやすなりました。

Amazonギフト券がすぐ発行される

今回わたしが試したところ、査定結果の了承後すぐにAmazonギフト券が発行されました!

すぐにギフト券が発行

ふつうの買取サービスでは、銀行振込がベター。

 

しかし銀行振込だと査定終了後に振り込み作業に入るので、実際にお金が手元に渡るまでさらに1日以上かかります。

 

でもこのようにAmazonギフト券なら、査定終了後、すぐにAmazonで買い物できちゃいます!

 

またAmazonギフト券残高はAmazon Payを用いることで、他のオンラインストアでも使えます。

 

しかもその場合は、1%残高がバックされるというオマケつき。

 

Amazonギフト券すぐに発行され、使い勝手も良いので個人的には現金振込より嬉しいですね。

すべて無料

ダンボール送料、そして査定が気に入らなかったときの返送料も無料です。

 

ペナルティ的な費用もなく、いっさいお金がかからないのはメリットでした。

 

気軽にいろんなものを査定に出せます。

 

リコマースのデメリット

ファッションアイテムは買い取れない(例外あり)

リコマースは本やマンガ、家電におもちゃ、スポーツ用品に楽器など、かなり広いジャンルの商品を買い取ってもらえます。

 

しかし、2020年10月をもってファッションアイテムの買取が終了

 

古着こそ、買い取ってほしい最たるものですよね。

 

これが買い取れないのは惜しい…!

 

と言いつつ、時計、バッグ、財布、スニーカーは買取OK。

これはOK

後述しますが、わたしも今回、バッグとサンダルを査定に出してみました!

返送は単品不可

「Aの査定は気に入ったけど、Bは気に入らない!」

 

そんな場合でも、Bだけを返送してもらうことはできません

 

すべて返送してもらい、改めて

A→リコマース

B→他の不用品買取

といったように、また送る必要があるでしょう。

 

もし査定が気に入らない場合は、ちょっとめんどうかもしれません。

リコマースで査定してもらったもの

今回、わたしが査定に出してみたのは以下のアイテム。

フットマッサージャー

ポータブルDVDプレーヤー

ICカードリーダー

電子レンジ用の容器

水出しコーヒーの器具

腹筋ローラー

背筋伸ばすやつ

そして問題のファッション系アイテム↓

バッグ①

バッグ②

無印良品の雪駄サンダル

ドルトムントのユニフォーム

さらにバッグがもうひとつと、ハンカチがひとつ。

 

計13点です!

 

基本的にノーブランドですし、特にユニフォームは無理かな〜?(笑)

 

サッカーユニフォームもAmazonで売ってるんですけどね。

今回のリコマースの査定額は3,132円!

リコマースの査定の明細

ほぼフットマッサージャー!!(笑)

鞄はぜんぶ10円。

 

無印のサンダル5円って(笑)

ほぼ新品だったんですけどねぇ。

 

怪しかったファションアイテムは買取不可も多かった。

 

やはり苦手なファッション系は査定金額も低いので、ファションアイテムはノーブランドも売りやすいティファナなどに分けて売ったほうが良いかもしれません。

 

そして大きかったのは20%増額クーポンです。

リコマースのクーポン

2022年8月のクーポンは、

08TE22AM

とのこと。(※8月31日まで申し込みに限る)

 

査定金額が20%アップします。

 

申し込み時に記入欄があるので、コピーしてペーストしてください。

 

\クーポン「08TE22AM」/

リコマースに申し込む手順

Amazonアカウントでログイン&申し込み

まずはリコマースのトップページ に移動してAmazonアカウントでログインします。

Amazonでログイン

 

 

次に商品情報や宅配キットの有無を入力します。

カメラ・家電、ブランド・腕時計、その他を選びました

大を3個注文

宅配キットを受け取れる時間と集荷希望を入力

ダンボールはじぶんで用意するのもOKです。

 

ここまで入力したら、次の画面で「査定承諾方法」「クーポン」を入力します。

「確認して承諾・否認する」を選びました

クーポンもここで

これで申し込みは完了!

2分でできますね。

申し込み完了

本人確認手続きは、さっきメリットの項で紹介したように「画像アップロード」と「郵便」でできます。

 

すぐにやったほうが良いですが、「アカウントサービス」のページからいつでも手続きできますよ。

ダンボール到着・梱包

今回は売りたいモノが大きく、ダンボールをじぶんで用意するのが難しかったため注文。

 

申込みから2日後から到着しました。

けっこうでかい

すべて入るか不安でしたが、なんとか梱包!

3箱頼んでおいてよかった〜。

3箱送るので、ダンボールのハシに何箱目かメモする欄があります。

外側に書くところ

で、ガムテープで封をして集荷を待ちます。

集荷

その翌日に集荷に来ていただけました。

 

特に伝票などを書く必要はありません!

 

スタッフさんにお渡しするだけ。

査定

集荷から4日後、査定完了のメールがありました!

査定完了メール

メールのURLから移動して、承認か否認かを選びましょう。

承諾手続きへ

明細も確認しつつ、納得できたら承諾しましょう。

承諾

承諾すると、すぐにAmazonギフト券の送信に写ってくれるみたいです。

Amazonギフト券メール送付

所定の金額のAmazonギフト券コードはメールで送ってくれます。

 

「ギフト券番号」をコピーして、Amazonアカウントのギフト券登録ページで登録しましょう。

ギフト券登録ページ

すぐに使えます

注文から入金までにかかった日数

  • 申し込み 6月28日(火)
  • ダンボール到着 6月30日(木)
  • 集荷 7月1日(金)
  • 査定完了 7月5日(火)

ということで、すべて終わるまで1週間ほどかかりました。

 

わたしの経験から言うと、査定が始まるまでが長かったかな?という感じ。

 

多様な商品を査定していますし、人気のサービスなのでもしかしたら平均的に遅いかもしれません。

 

とは言え、別に急いでいるわけではないので良いんですけど。

 

とにかく手間が少ないサービスなので、いろいろなモノをいっきに売りたい人は試してみてください!

 

査定を否認する場合の返送料も無料です!

断捨離におすすめ!送るだけの不用品買取サービスまとめ

その他のジャンルの宅配買取も関連記事にてまとめています。

 

他に処分したいモノがある人はごらんください。

 

どんどん断舎離して、快適な暮らしを手にれましょう!

 

関連記事:ミニマリストがおすすめする不用品買取サイト11選。ジャンル別に紹介

 

今日のあとがき

8月17日

わたしたちはよく「なにになりたいの?」なんて聞きますが、この「なる」という言葉はちょっと注意が必要だなと思います。「なる」ことを考えたとき、そこにはだいたい「他人の目線」が入っていますよね。例えばサッカー選手に「なる」には、監督やコーチから実力を認められ、ファンからの称賛も必要でしょう。でも、あるていど大人になってくると、「なる」ことよりも「やる」ことや「いる」ことにフォーカスしたほうが良さそうです。サッカー選手に「なる」ことよりも、サッカーを「やる」ことのほうが大切。なにに「なった」としても、それは他人からの評価なわけで、他人からの評価はいつも揺らいでいるから、いつも不安になってしまう。何にもなられなかった、今後もなれそうにない大人は「なる」ことを捨てて「やる」とか「いる」を見つけたほうが人生楽しいかなと。それに実は超一流のプロって「なる」ことよりも「やる」ことを大切にしてたりしますよね。イチローさんは引退しましたけど、あいかわらず野球を「やる」ことをエンジョイしてるよなぁ。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me