simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

『壊れた世界でグッドライフを探して』を読みました!おすすめしないけど、大好きな本です

壊れた世界でグッドライフを探しての表紙

まずこのタイトル、カッコよすぎませんか!?(笑)

 

それに表紙のデザインもイイ。

なんだかロマンチックで、夢を感じさせる表紙とタイトルです。

 

ところがその内容は極めて現実的

夢を見るってことは、現実と戦うことなんだと、まざまざと見せつけられます。

 

ちなみに帯コメントに「ミニマルライフ」とありますが、これは日本で言う「ミニマリスト」とはちょっと違いますね。

 

モノの多い、少ないとか収納術がどうのこうのっていう話ではありません。

どちらかというと「オフグリット」に近い話です。

 

オフグリットとは送電網(グリット)から離れた(オフ)生活のこと。

つまり電気やガス、水道をなどエネルギー自給自足する生活です。

 

この本には3つの家族が登場するのですが、その程度はあれど、みんなオフグリットを志向しています。

 

環境破壊、戦争、差別、格差…。

 

この世界は「壊れた世界」だという認識のもと、グッドライフ=あらゆるものにやさしい暮らしを探す人々を、著者のマーク・サンディーンが取材した本になっています。

 

わたしはある種の敗北感とともに、好感をもってこの本を読み終えました。

愛することだけ考えて、それでも誰かを傷つける

わたしはこの本をAmazonで買い、StarBucksで読み、ブログで紹介した。

 

登場人物たちからすれば、それはあまりにも矛盾に満ちていて、滑稽極まりない行為です。

彼らはインターネットを明確に否定しているし、スマホを使っている人はひとりとしていません。

 

もし今、彼らがわたしの目の前にいて、その矛盾を指摘するなら、わたしは敗北せざるを得ないでしょう。

 

けれど一方で、誰しもが彼らのようなグッドライフを送れるわけではありません。

 

例えばわたしは幼少期、体が弱く、なんども入院したことがあります。(まぁ、だいたい一泊二日なんですけど)

 

もし医療がない社会だったら、死んでいてもおかしくなかったはずです。

かなり早い段階から、わたしは「文明人」でした。

 

生まれ持ったわたしの「弱さ」をカバーしてくれたのはたしかに文明だったのです。

 

彼らのグッドライフには、ある種の「強さ」が必要だと思います。

だからその暮らしを強要することは、強者の理論になってしまい、かえって多様性の排除に繋がってしまう。

 

わたしも、ことさらに敗北感を感じる必要はないのでしょう。

 

敗北の怒りと悔しさは、人にファイティングポーズをとらせます。

「彼ら」と「わたしたち」をまったく別の人種と捉え、わかり合うことを拒否してしまう。

 

実はこの本の一部には、そんな戦いの理論に導く「強さ」がたしかに存在しています。

 

しかし、実は登場人物たちもまた、それぞれが「弱さ」を持ち、矛盾に悩んでいるのでした。

 

もっとも急進的な暮らしをしているイーサンとサラも、激しく葛藤しながらも妊娠・出産時は車を使い、医療のお世話になったりする。

 

その他の人物も、適時「文明」を取り入れなければ暮らしていけない現実に直面します。

しかしわたしには、その悩み苦しむ姿がとても誠実に思えるのです。

 

わたしは「ヤケクソ」「ぶっちゃけ」「開きなおり」そんな態度に魅力を感じません。

 

愛には憎しみを、喜びには悲しみを、両方持つ姿が人間らしいと思うからです。

 

わたしの好きなTHE BLUE HERTSの歌にこんな歌詞があります。

愛することだけ考えて それでも誰かを傷つける

そんなあなたが大好きだ そんな友達が欲しかった

−ながれもの

登場人物たちはわたしにとって、「そんな友達」です。

 

実際に彼らは、友人や家族としばしば衝突します。

きっと今、わたしが感じている「敗北感」を、まわりの人々も感じたのではないでしょうか。(そしてお互いにファイティングポーズをとってしまう)

 

地球には優しいけれど、これがあんがい近しい人には優しくかなったりもする(笑)

 

わたしも友達にはなれても、家族になれそうな気はしません(笑)

 

でも、矛盾を見てみぬふりせず、「愛することだけ考えて」を続ける彼らのことは、なんだか大好きなのです。

 

まるっきり「文明人」のわたしも、彼らのように矛盾のなかに身を投じて、じぶんなりのグッドライフ探したい。

 

だからわたしは文明暮らしの中で、この本を紹介する矛盾を、大事にしていきたいと思います。

 

この本は読み手を矛盾の中に放り込み、ある種の苦しさを醸し出します。

登場人物も多く、400ページ以上のボリュームがあるので決して読みやすい部類の本ではないです。

 

その意味では、あまりかんたんにおすすめできる本ではないと思います。

けれど、興味ある人は読んでみてほしいですね。

 

わたしも1ヶ月半ぐらいかけて、ゆっくりゆっくり読みました(笑)

 

ぜひ手にとってみてください!

他にもある!おすすめミニマリスト本まとめ

f:id:sohhoshikawa:20210730100434j:plain

その他にもミニマリストが書いた本、ミニマリズムを学べる本をまとめてあります。

 

ミニマリスト入門書から、マニアックなドキュメントまで。

 

「ミニマリストなりたい!」

「いろんなミニマリスト参考にしたい!」

 

と考えている人は、ぜひごらんください。

 

関連記事:おすすめのミニマリスト本まとめ!読みやすい順に紹介

 

 

今日のあとがき

10月4日

川っぺりムコリッタ、なんとなく調布の映画館で観てきました。調布には『NANA』に登場する「ジャクソンホール」のモデルになったお店があるらしい。NANAは連載当時の主人公の年齢がちょうどじぶんと重なっていたので思い出深い作品です。ナナたちが上京するときに、ちょうどじぶんも上京していたという。こんど行ってみよう!

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me