simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

スマホ依存の対策5選。自分の時間を取り戻すには、どうすればよいか

スマホ依存に関する本を10数冊読みました。

 

すると当然ですが、似通った部分が見えてきます。

繰り返し伝えらえている部分はきっと「スマホ依存対策」として有効なはず。

 

そこでこの記事では、スマホ依存の本に書いてあった同じようなことをまとめました。

ひとくちにスマホ依存と言っても、ソフトな依存からハードな依存までいろいろありますが、スマホに時間泥棒されている人は参考にしていてください。

 

関連記事:「スマホ依存」に関する本6選。おすすめ順に紹介

①SNSの依存性の強さを理解する

スマホ依存といっても、人それぞれひんぱんに使うアプリは違います。

依存状態の人がよく使うアプリと言えば、SNSとゲームのふたつではないでしょうか。

 

ゲームは楽しいものだから、依存する理由はなんとなくわかりますが、SNSはなぜ依存してしまうのでしょうか?

実はSNSには人を依存させる仕組みが巧みに組み込まれていると言います。

 

代表的なのが「ランダム報酬」というもの。

これはハズレとアタリがランダムに交互にやってくると、アタリが出た時に脳内麻薬がドバっと出る現象だそうです。

人はアタリばかり続いても興奮を覚えないし、逆にハズレばかりだとそれをやる理由がない。

ハズレ、アタリ、ハズレ、ハズレ、アタリと予想できないタイミングでハズレとアタリが繰り返されると…、ついついそれにハマってしまう。

 

SNSではまさにタイムラインがこのランダム報酬を生み出す仕組みになっていますよね。

ほとんどの投稿(ツイート)は自分にとってつまらない=ハズレですが、たまに「お!?」と思うアタリが出る。

そうすると興奮を覚え、またアプリを起動したくなってしまうんですね。

そしてSNSはそのタイムラインがほぼ永遠に続いていくのが怖いところ。

 

SNSのタイムラインはパチンコ・スロットのそれと全く同じであり、そう考えれば如何にSNSの依存性が高いか、直感的に理解できるのではないでしょうか。

パチンコは平日の開店前から行列を作るほど人を興奮させるものです。

それと同じものが24時間、手のひらにある…。

冷静に考えれば、それで依存しない方が無理かもしれませんね。

 

スマホを使う理由は「必要だから」「楽しいから」ではなく、「依存しているから」という場合が少なからず考えられるわけです。

まずは「必要だから使っている」のではなく「依存性の仕組みによってスマホを使わされている」という感覚を持つことが大事です。

②スクリーンタイムを使う

ではその強い依存性のあるスマホ(SNS)をどう断ち切るかというと、まずはSNSをどのくらい使っているかを可視化すると良いそうです。

iPhoneならスクリーンタイムという機能で、自分がどのSNSをどれくらい使っているか見ることができます。

andoridでも似たようなアプリをダウンロードすることで確認できますよ。

 

レコーディングダイエットみたいなもので、ちゃんと目に見えて実感する効果は大きい。

実際に平均すると現代人が1日4時間スマホの画面を見ているそうです。

4時間ってなかなかですよね。

そしてその4時間全てが有意義なんて人は絶対にいないと思います。

 

もし毎日4時間も何かに打ち込んだら、1年か2年でその道のプロになることもあるでしょう。

そう思えば、スマホを使う(使いすぎる)ことで自分の可能性を狭めているのかもしれません。

③SNSアプリをスマホから削除する

ポイントはアカウントの削除(退会)まで求めないことです。

もちろん、完全にスパっと辞めてしまうのがいちばん良いのですが、仕事の都合であったり、友人といっしょに使っている場合はなかなかアカウントを削除するまでいかないのが実情でしょう。

 

そこでまずはスマホからはアプリを削除します。

そしてSNSはPCからアクセスする。

PCを持っていない人は、SNS専用に安いタブレットとを購入したらどうでしょうか?

 

スマホはマルチに使うことができます。

電子書籍や動画、SNSにメール、音楽にニュースサイト…。

しかしそのマルチさゆえに、ひとつのことに集中できない弊害ありますよね。

 

気持ちよーく音楽を聴いていたのに、ピコン!とうるさい通知が届いて何だ?と見てみたら、どうでもよかった…みたいな。

そんな経験は誰しもいちどや二度したことがあると思います。

さまざまなコンテンツがデジタル化される流れは変えられません。

しかしその視聴環境は自分でコントロールすべきでしょう。

 

わたしは結果的に、

  1. スマホ→Google Map、LINE、カメラ
  2. タブレット→YouTube、ニュースサイト
  3. Fire TV Stick→プライム・ビデオ
  4. PC→ブログ執筆、SNSで情報収集
  5. Kindle→読書

と5つのデジタルデバイスを使い分けるようになりました。

関連記事:デジタル断捨離のためにわたしが"あえて"タブレットを買った理由。そしてその効果

 

スマホはほとんどガラケーのような扱いで、連絡手段とカメラ、そして外出時にどうしても必要なアプリだけを入れています。

 

タブレットは基本的に家に置いておきます。

出先でまで見たい動画とか全然ないので。

また動画や映画はタブレットやFire TV Stickとか大きな画面で見た方が満足度も高いですし。

 

結果的にSNSはほとんどみなくなりました。

IT界で大きなトラブルがあった時(例えばGoogleのサービスが落ちた)など、SNS内で検索して、原因と対策を知ったりできるので、使わざるを得ないのですが、普段はほとんど使わなくなりましたね。

 

とにかくSNSが24時間ポケットの中に居座っている状況を変えてあげましょう。

④スマホなしで散歩に出かける

そうやって生活の中におけるスマホの重要度を徐々に下げていったら、「スマホなし」を実際に体感してみる。

きっと色んな感想をもつはずです。

「暇だなぁ…」「意外と平気じゃん」「あースマホみたい!」

 

スマホが手から離れている時間に何を感じたかで、あなたの依存度が実感できる。

それによって次に打つ手も変わってくると思います。

 

百聞は一見に如かずということで、思い切って一定時間スマホ断ちしてみるのは効果的です。

⑤アナログな趣味を持つ

スマホ依存に関する本でよくおすすめされているのがボードゲームです。

欧米ではボードゲームカフェが盛り上がりを見せており、日本でも流行っているようですね。

 

ボードゲームは人と人との直接対峙してプレイするもので、スマホ片手にプレイはできませんよね。

ゲームでありながら、大切な家族や友人とコミュニケーションを促すものとして、スマホのそれよりも健全だとする見方が強まっているようです。

 

もちろん、ひとりでできる趣味を見つけるのも良いでしょう。

もしかしたら「趣味に没頭したいのに、なにか集中できない!」という人は、スマホのせいかもしれません。

ぜひ以上で紹介した対策を取っていてください。 

まとめ:SNSを見るとバカになる?

コンビニで写真週刊誌やスポーツ新聞を手に取ったことはありますか?

NOと答えた人も、SNSで芸能人の不倫や他人の失敗を見たことはあると思います。

それは写真週刊誌を見ているのと、なんら変わらないのではないでしょうか。

 

この現象はよく考えてみれば恐ろしいことです。

前時代ならば他人のことなんて気にせず、自分の人生にまい進していた人も、現代になってSNSをやったばっかりにゴシップやワイドショーに興じてしまう。

 

そして間違いなく、現代のSNSはゴシップやワイドショーがメインストリームを闊歩する仕組みになってきていると感じています。

 

もちろん、たまに人の悪口や陰口で自分を慰めることは否定しません。

しかし問題は「たまに」ではなく「24時間」になってしまっていることです。

 

かつてブルーハーツは歌いました。

満員電車の中 くたびれた顔をして 夕刊フジを読みながら 老いぼれてくのはごめんだ ーラインを越えて

現代は

テレワークをしながら 知ったような顔をして ツイッターを横目に 老いぼれてくのはごめんだ

なんて言えるかもしれません。

 

2020年のアメリカ大統領選。

ツイッターはフェイクニュース拡散防止のため、リツイートの制限やバッヂの認証を行いました。

これはもう自社で自社サービスの限界を吐露しているのだとわたしは思います。

ツイッター社が「ツイッターは嘘ばっかりですよ」とぶっちゃけているようなものです。

 

それにもめげず、ツイッターは24時間で消えるツイート(フリート)の導入など、ユーザーをつなぎとめるアップデートを行っています。

でももう、使わなくて良いのではないでしょうか。

 

日本でも人気リアリティー番組に出演していたスポーツ選手がSNS上での誹謗中傷に思い悩み、自ら命を絶つという痛ましい事件が起きました。

その現状を野放しにしているのはSNSを運営している会社はもちろん、そこで投稿しているユーザーのわたしたち自身です。

わたしはなるべく加担したくないと思います。

 

以上「スマホ依存の対策」という話題でした。

参考になったらうれしいです。

あなたがスマホ依存対策の本を読むべき理由

とは言え…おそらくこの記事を読んだぐらいでは、あなたはスマホ依存をやめられないでしょう。

そのくらいスマホの依存パワーは強力だからです。

 

対抗するためには、本を定期的に読むこと。

どんな知識も教訓も、繰り返し勉強することで身につくものですよね。

 

ましてや常に対抗するスマホという存在。

意識して積極的に本を読まなかれば、なかなか依存から抜けられないと思います。

 

ぜひおすすめの本を読んでみてください。

関連記事:「スマホ依存」に関する本6選。おすすめ順に紹介

 

ブログトップページへ