simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

スターバックスでいちばんお得な支払い方法は?超お得な「Starbucks Rewards」を利用すべし

スタバのスマホアプリ

スターバックスのヘビーユーザーです!

仕事でも使わせてもらうので、スタバには足を向けて寝れません…。

 

でも、使用頻度が多いのでやっぱりお得に使いたい!

っということで、スターバックスの決済手段をまとめ、いちばんお得な方法を調べました!

 

結論から言うと、

スターバックスカードにクレジットカードでチャージして、スターバックスカードで支払う

が最適解かなと思います。

※わたしが使っているおすすめクレジットカード→ 楽天カード

 

以下で詳しく解説しています。

まずは確認。スターバックスで使える決済手段一覧

  貰えるポイント メモ
①スターバックスカード Starbucks Rewards スマホアプリ or 現物カード
②PayPay PayPayボーナス QRコード決済
③LINE PAY LINEポイント QRコード決済
④LINEスターバックスカード Starbucks Rewards
+LINEポイント
LINEから使う
④SUICA JREポイント 他、PASMOなど交通系カードも可
⑤クレジットカード 各クレジットカードのポイント  

2021年1月6日からはSUICAが、そして1月27日からはPayPayとLINE PAYが仲間入りし、スターバックスで使える決済手段は5種類になりました!

それぞれの決済に応じたポイントが貰えるので、どれもとっても現金で支払うよりはお得です。

 

中でもお得なのが、

①スターバックスカード

と、

④LINEスターバックスカード

です。

Starbucks Rewardsと共通ポイントの二重取りがいちばんお得

この2つなら、スタバの独自ポイントである「Starbucks Rewards(スターバックスリワード)」と、共通ポイントが二重取りで貯めれれます!

具体的なやり方は以下のとおり。 

①スターバックスカードにクレジットカードでチャージする

スターバックスカードとは、スタバだけで使える電子マネーですね。

チャージして使うプリペイド式の電子マネーカードです。

 

現在はスマホアプリで使う「デジタルカード」と「現物のカード」があります。

「現物のカード」はスターバックス店舗で購入できますが、特に理由がなければアプリから「デジタルカード」を使うのがおすすめです。

 

残高の確認やお金のチャージ、Starbucks Rewardsへの登録もデジタルの方が簡単なので。

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
posted withアプリーチ

まずクレジットカードでスターバックスカードにチャージします。

その時点でクレジットカードの決済によりポイントが発生。

 

例えば、楽天カードを使ってスターバックスカードに5,000円チャージすると、50楽天ポイントが貰えます。

そしてそのスターバックスカードを使い、スタバ店舗で支払えば「Starbucks Rewards」のポイント(Star)が貯まります。(Starbucks Rewadsについては後述しています)

これで事実上のポイント二重取り、というわけです。

スタバでポイントを二重取りする方法

二重取りの仕組み

わたしが実際に利用しているのはこのパターン。

おそらく多くの人にって汎用性があるのはこっちだと思います。

②LINEスターバックスカードで支払う

もうひとつはLINEスターバックスカードを利用する方法。

これは全てLINEアプリ上で完結します。

なのでカードもデジタルですね。

 

まずはスタバ公式LINEアカウントに友達登録します。

LINEスターバックスカードの発行が案内されるはずなので発行しましょう。

 

そのLINEスターバックスカードにチャージするのですが、これはLINE PAYで行います。

ですからLINE PAYでチャージした時にLINEポイントが貯まるわけですね。

 

そしてチャージしたLINEスターバックスカードを使って店舗で支払いましょう。

すると「Starbucks Rewads」のポイント(Star)が貯まります。

これで二重取りです。

LINEスターバックスカードの仕組み

LINEポイントが貯まります

ちなみにLINE PAY単独の決済もスタバで使えるようになりましたが、それでは「Starbucks Rewads」が貯まらないので注意。

LINEスターバックスカードへのチャージという手順を踏むことで二重取りになります。

 

また余談ですが、LINE PAYへのチャージはクレジットカードでできませんので、三重取りは不可能です。(LINE PAYへのチャージは銀行引き落としやコンビニATMチャージが主)

 

こちらはLINE PAYを普段使いしていてLINEポイントを貯めている人は良いでしょう。

そうでない人は、先ほどの「クレジットカードチャージ→スターバックスカード」を利用したほうが、使い勝手が良いと思います。

 

っというのも、LINE PAYのポイント還元率は使用頻度に応じて上下します。(LINEポイントクラブ)

一番下のランク「ベーシック」では還元率は0.5%。

よってLINE PAYを日常使いしていない人は、「クレジットカードチャージ→スターバックスカード」の方が還元率的にお得なパターンが多いはずですよ。(楽天カード は常に還元率1%ですから)

 

続いてStarbucks Rewardsをがどのくらいお特かを見ていきましょう。

やらないと損な「Starbucks Rewards(スターバックスリワード)」とは?どのぐらいお得?

スタバ独自のポイントプログラムです。

これがすごくお得なので、基本的には利用するのをおすすめします。

むしろ年間21,600円以上使う人は利用しないと損です!

 

まず「Starbucks Rewards」に登録するとGreen Starというステージから始まります。

250Green Starを集めると、Gold Starへと昇進。

 

Gold Starを150集めると、好きなドリンクやコーヒー豆と交換できる「Rewads eTicket」がもらえる仕組みです。

Rewards eTicketは1枚で700円分。(差額は支払います)

 

支払い約54円でStarがひとつ貰えるので、150Starを集めるには54円×150で、8,100円をスタバで使う必要があります。

Green Starからスタートして最初のeTicket獲得まで(250+150で)合計400Starですから、21,600円使うとはじめて商品と交換できるわけですね。

 

21,600円使うと、700円の商品券がもらえる…。

これを還元率に無理やり直すと、約3.2%。

実はかなりお得でした!

 

しかもそれ以降Gold Starランクを維持すると、150starごとに「Rewards eTicket」が貰えるのでさらにお得。(8,100円ごとに700円の商品券がもらえる=還元率8.6%)

Gold Starランクを維持するためには年間250Gold Starを獲得する必要があります。

 

つまりStarbucks Rewardsの全体像はこんな感じ↓です。

Starbucks Rewardsの仕組み

Starbucks Rewardsの概要

250star獲得に必要なのは13,500円。

いちどGold Starになってしまえば、年間13,500円でランクを維持できます。

年間13,500円なら、スタバに定期的に通う人にとってすればかなりハードルが低いですよね。

 

おおむねGreen Starからはじまって、最初のStarbucks eTicketが貰える21,600円までがボーダーライン。

「年間で21,600円をスタバで使う」と言う人は、Starbucks Rewardsを利用しないと損です!

 

通勤前にスタバでコーヒーを買う習慣がある人。

ランチの時、スタバでコーヒーを買う習慣がある人。

おそらく余裕で年間21,600円以上使っています。

 

例えば週4でドリップコーヒー(トールサイズ)を買ったとして1年間で約68,000円使っている計算になります。

 

計算↓

一週間 356円×週4=1,425円

一ヶ月 1,425円×4週間=5,702円

一年間 5,702円×12ヶ月間=68,424円!!!

 

そんなに使ってるならいっぱいeTicketもらえちゃう…。

ぜひスターバックスアプリをダウンロードして、Starbucks Rewardsを始めましょう。

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
posted withアプリーチ

もちろん先ほど言ったとおり、スターバックスカードにはクレジットカードでチャージして共通ポイント(楽天ポイントなど)を貰うのを忘れずに!

※わたしが使っているおすすめクレジットカード→ 楽天カード

 

これでスタバヘビーユーザーもがっつりお得になります。

ぜひ利用してみて下さい。

 

以上「スタバでいちばんお得な支払い方法」をご紹介しました!

参考になったらうれしいです。 

 

ブログトップページへ