simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

スターバックスリザーブとは?飲んでみた感想も紹介

 

 

これさえ知っておけば、あなたもスタバ通!?

 

スタバで飲める、ちょっと高級なコーヒー豆について紹介します!

 

スターバックスリザーブとは?スタバのシングルオリジンです

スターバックスリザーブとは、定番メニューのドリップコーヒーやスターバックスラテに使われている豆よりも、グレードが高いコーヒー豆です!

 

取り扱いがあるのは一部店舗のみとなっており、東京だと22店舗になります。(記事執筆現在)

 

価格も通常のドリップコーヒーより高く、おおむね600円以上

 

中にはブルーマウンテンやゲイシャなど、1,500円を超えてくるモノも!

 

ラインナップは時期によって変わり、すべてが期間限定です。

 

そして最大の特徴はシングルオリジンである点。

シングルオリジンとは?

シングルオリジンと似た言葉にストレートコーヒーがあります。

 

一般にストレートコーヒーとは、国別にコーヒー豆を分類したもの。

 

一方、シングルオリジンは農園、品種、精製方法、焙煎度など、さらに細かい「出生」を明らかにした豆を言います。

 

例えば同じ農園、同じ品種の豆でも、精製が「ナチュラル」か「ウォッシュド」によって、味わいは大きく異なる。

 

その違いをしっかり認識した上でコーヒーを味わえるのが、シングルオリジンの醍醐味というわけです。

 

これはワインのテロワールの概念に似ていますね。

 

今やいろんなコーヒー屋さんでシングルオリジンの豆を味わうことができますが、スターバックスリザーブの魅力は、そのラインナップの豊富さ

 

スターバックスは押しも押されもせぬ世界最大のコーヒーチェーンです。

 

その規模を活かした「買いつけ力」で、リザーブにはしばしば貴重な豆が登場します。

 

日本の素晴らしいコーヒー屋さんは現地に足を運び、ひとつの農園と長期に渡って二人三脚でコーヒーを作っていく傾向があります。

 

それはそれでもちろん素晴らしいですが、それ故にさまざまな場所からいろんな豆を買い付けることはしません。

 

一方、スタバはそのスケールメリットを活かして、世界中からいろんな豆を調達しています。

 

消費者にとっては、いろんな選択肢が広がり良いことだと思います。

抽出はドリップがおすすめ

スターバックスリザーブは、さまざまな抽出方法を選べます。(店舗によっては限定的な場合あり)

  1. サイフォン
  2. ブラックイーグル(エスプレッソマシン)
  3. クローバー(スタバオリジナルコーヒーマシン)
  4. プアオーバー(ハンドドリップ)
  5. コーヒープレス(フレンチプレス)
  6. モッドバー プアオーバー(機械によるハンドドリップ)
  7. ナイトロコールドブリューコーヒー(ビールサーバーのようなマシン)
  8. ケメックス(ハンドドリップの一種)

個人的にはプアオーバー(ハンドドリップ)をおすすめします。

 

おそらくクローバーとプアオーバーのどちらかをおすすめされると思うんですが、クローバーはすこし濃い味です。

 

ハンドドリップのほうか、より多様な味わいを感じやすいかなと思います。

 

スターバックスリザーブを取り扱っている店舗には、だいたいブラックエプロンの店員さんがいます。

 

ブラックエプロンとはスタバ社内の資格のことで、試験に合格した優秀な店員さんの印。

 

なので、リザーブの豆選びや抽出で迷ったら、遠慮せずブラックエプロンの店員さんに聞いてしまうのもおすすめですよ。

 

スターバックスリザーブを飲んでみた感想

ブルーマウンテン

スターバックスリザーブのブルーマウンテンのカード

2022年7月14日。

 

なんと1杯1,720円(!)という破格のお値段!

 

しかし、これは美味しい。

 

ブランドと価格によるプラセボじゃないですよ(笑)

 

味の方向性としては「ビタースモーキー」。

 

近年のサードウェーブコーヒーの流れから想像されるような酸味と香りとは、ある意味で真逆の味です。

 

しかし元来、日本人はビターでスモーキーなコーヒーを好みます。

 

一説によると、その味の志向性は緑茶の「渋み」を尊ぶ文化からきているそう。

 

このブルーマウンテンは、その我々日本人が大好きな「ビターでスモーキー」の最高峰の味わいといった感じです。

 

むせ返るような苦味がなく、クリアな味わいがあったので、アイスにしても美味しそう。

 

おそらくふだんスペシャルティコーヒーを飲まないような愛煙家中年男性に飲ませても、これは美味しいと言うのではないでしょうか。(ちょっと偏見ありますけどw)

 

ブルーマウンテンは、その8割を日本で輸入していると言います。

 

このビターな味わいが、昔から日本人の趣味に合うのでしょうね。

 

コーヒー豆もいろんな選択肢が増えていますけど、苦味のしっかりきいたブルーマウンテンも、これはこれで残っていってほしい豆ですよね。

エクアドル ロハ

スターバックスリザーブ エクアドルロハ

2022年11月7日

 

スーッと爽やかな味わい。

 

苦味は少なくて、芯のある酸味がありました。

 

とっても明るく華やかな香りなので、夏でもホットで飲んでみたくなりますね。

 

ブルーマウンテンとは打って変わって、モダンな味。

 

幅のある選択肢がリザーブの魅力でもあります。

ザンビア イザンヤ エステート

スターバックスリザーブ ザンビア イザンヤ エステート

2022年11月14日

 

ちょっと珍しいアフリカはザンビアの豆。

 

2年ぶりの登場だったらしいです。

 

テイスティングカードに「ピンクグレープフルーツ」とか「ビターチョコレート」などとあるように、キリッとした苦味が特徴的でした。

 

ドライフルーツいりのチョコレートとかと一緒に食べたら最高に合いそう!

スターバックスリザーブは「REWARDS」を利用してお得に楽しめる

リザーブを飲むときはスタバのポイントプログラムである「REWARDS(リワーズ)」をよく利用します。

 

REWARDSはスタバで15,000円ぐら使うと、770円分の値引きチケット(リワードeチケット)が貰えるシステム。(以降は約8,000円につき1枚)

 

REWARDSのチケットで割引するとけっこうお得感があるので、わたしはよくリザーブに使ってます。

 

LINE公式アカウントやアプリからスターバックスカードをはじめると、すぐにREWARDSでポイント(STAR)を貯め始めることができますよ!

 

関連記事:スターバックスでいちばんお得な支払い方法は?超お得な「Starbucks Rewards」を利用すべし

 

 

今日のあとがき

11月24日

素晴らしいチームになってくれた日本代表!ありがとー!

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me