simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

おすすめの文章術の本を紹介。身になって文章力がつく

ブロガーのわたしから「文章術」の本を紹介します!

同じブロガーの人にはぜひ読んでほしい本を2冊ほど。

 

基礎的なブログ本を読み終えた人にもぜひおすすめです。

 

 

①基礎的な文章力が身につく『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』

正直、この本の情報量は多くありません。

他の文章術関係の本が10だとすれば、これは5とか6といった感じ。

 

しかし綴らている内容がどれも絶対に外せないクリティカルな要素ばかりです。

あまりにもボリューミーな内容だと身につかない部分も多いはず。

この本は「これだけは絶対におさえておこう」という要素が過不足なく載っているので、特に初心者の方が読むとグッと文章力が上がりそうです。

 

そもそも文章術の本って、その本の文章自体が読みにくかったりしませんか?(笑)

この本はウェブで記事を書いている現役書評家(当時)が書いているので、その文章術の解説どおり、軽快で読みやすい文章になっています。

単純に読み物としてもスラスラと読めて気持ちいいですね。

②書けなくなった時に読んで欲しい『書ける人になる!魂の文章教室』

文章を書くというのは不思議なもので、それ自体が目的となり得ます。

何のために文章を書くか?

 

お金とかPVとかフォロワーとか承認欲求とか、外部に目的を設定しなくても、「文章を書くために文章を書く」といった行為が成立してしまうのが、ものを書くことのおもしろい点。

 

ブログ運営をしていてスランプになる時、外部の目的にとらわれ過ぎている可能性があります。

「お金にならなそうだし、書くのやめようかな」

「こんなこと書いても誰も読まない」

そんな外側への意識が書くことをおっくうにさせ、書く習慣そのものを遠ざける要因になります。

 

結果、いつの間にか書けなくなってしまう。

この本は書くことそれ自体の素晴らしさ、愛おしさ、美しさを何度も何度も繰り返し訴えてくる本です。

これを読んでいると「囚われていた心」が少しづつ解放されているような感覚になりました。

 

思えば、ブログで何かを成す時は一心に文章を生産できている時です。

その意味でも「書くことの楽しさ」は絶対に忘れてはならないことだと思います。

 

プロになればなるほど、忘れてしまう楽しさ。 

ブログで結果が出れば出るほど、しがみついてくる何かが楽しさを少しづつ奪い去っていく。

それは初心者個人ブロガーにも遅いかかってくる現象です。

 

その恐ろしい現象の処方箋として、この本は本棚に置いておきたい。

書けなくなった時の薬になってくれる本です。

 

この本の発行年はなんと1986年。

詩人で作家のナタリー・ゴールドバークによって書かれました。

「14カ国語で翻訳」「全米で100万部超え」のロングセラーであり、なんと現在手に入れらるのは2019年に復刊したもの。

 

その事実だけでも、どれだけこの本に普遍性があるかがわかると思います。

ブロガーの心の友としてぜひ。

文章力アップのコツをまとめました

コレ以外にも文章術に関する本はたくさん読んだのですが、正直、その手の本をたくさん読んだから上手になるわけじゃない気がします。

ピンポイントなコツを理解したら、あとはとにかく書くこと。

 

たくさん書いたほうが、結局は上達が早い。

わたしなりのコツをまとめました。

 

合わせて読んでみてください。

関連記事:文章力があがるコツ5選。「文章術」の本を数冊読んだので、書いてあることをまとめた。ライターやブロガーにおすすめ

 

ブログトップページへ