simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

沢野ひとしさん『ジジイの片付け』を読んだ感想。軽くも、重い本

 

 

沢野ひとし著「ジジイの片付け」の表紙

イラストレータの沢野ひとしさんの著書『ジジイの片付け』を読みました。

 

タイトルズバリ、壮年になってからの部屋の片付け、暮らし方について綴った内容です。


ジジイの片付け


読みやすさ満点の本

この本は23篇のエッセイと19のコラムからなっています。

 

ひとつのエッセイは2,000字〜3,000字ぐらいで、軽快に読みすすめられました。

コラムは100字で、イラストたっぷりで楽しく演出されています。

100文字コラム

本の大きさ、文字の大きさ、装丁、イラスト、そして内容も。

 

シニア世代が読みやすいように配慮されており、結果的で誰にとっても読みやすい本に仕上がっています。

ユニバーサルデザインな本ですね。

 

コラムの部分なんかは、コピーしてカレンダーにしたラ楽しそう。

そしたらまいにちの片付けが捗りそうな気がします(笑)

切実になる「片付け」

片付けの本は何百冊も出版されています。

 

その中でもこの本がユニークなのは、やはり「シニア世代むけ」という部分でしょう。

しかも「男性向け」となるとさらに珍しい。

 

わたしはまだ35歳の若造ですが、この本を読むと「片付け」は年齡を重ねるごとに切実な問題になっていくなだなと思います。

 

壮年になって片付けるモノは、ちょっとした雑貨やキッチン道具だけじゃない。

 

別荘や持ち家などの資産。

親子関係や夫婦関係など人間の問題。

わるいは若い頃に抱いた夢も。

 

さっさと片付けなければ「今、この瞬間」を楽しむのに邪魔になる。

ところが若い頃よりエネルギッシュではないので、そもそもエネルギーのいる片付けになかなか着手できない。

 

その悪循環に陥る前に、少しずつ片付けをはじめるべきなのでしょう。

 

「片付け」「断捨離」「ミニマリスト」なんて言葉は、時折「夢を叶えるためのメソッド」として語られがちです。

「やらなくても良いけど、やったほうが結果につながるよ」というニュアンスです。

 

しかしこの本に書かれているそれらは「やらなければならない」という差し迫った問題のように思えました。

壮年になると「片付け」はそのくらい切実な問題なんですね。

 

キラキラと希望に溢れた断捨離本ではないからこそ、刺さる人にはとても刺さる本ではないかと思います。

 

興味ある方はぜひ読んでみてください。


ジジイの片付け


 

 

今日のあとがき

10月4日

川っぺりムコリッタ、なんとなく調布の映画館で観てきました。調布には『NANA』に登場する「ジャクソンホール」のモデルになったお店があるらしい。NANAは連載当時の主人公の年齢がちょうどじぶんと重なっていたので思い出深い作品です。ナナたちが上京するときに、ちょうどじぶんも上京していたという。こんど行ってみよう!

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me