simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

「とりあえず仕事辞めてみた」をおすすめしない理由。仕事を辞めた先にある現代の罠

f:id:sohhoshikawa:20220212102739j:plain

 

togetter.com

 

壊れそうな時、とりあえず仕事を辞めて体と心を休めれば良いのではと思う。

 

けれど、どうも物事はそう単純じゃないなとさいきんになって思います。

ちょくちょく仕事を辞めて無職になり、失業保険をもらいながら休み、また働くという知人がいます。

 

彼は独身で派遣社員だから、そんなライフスタイルができるというのはある。

例のごとく「労働は悪!」と思っていて、そんな暮らしになっているようだ。

 

しかしそんな彼が無職期間なにをしているかというと、ツイッターで文句ばかり言うことだ(笑)

 

曰く、

結婚して妻子をもつ男を尊敬したことがない。

正直言って、「アホだろ?」としか思わない。

だそう。

 

彼はまた、これからその「アホ」たちとまた働く。

今もその「アホ」が働いて納めたお金で失業保険をもらっているというのに。

 

ツイッターだけじゃないが、「いいね!」を集めるためにはどうしても「上から目線」で汚い言葉遣いをするほうが良い。

 

でも、現実の世界ではそんな態度をとるわけにはいかないだろう。

しかしツイッターのなかで「そんな態度」ばかりが身についてしまうと、現実世界に還元してしまうこともある。

 

実際に彼は数年前、「ハンマーで殴り合う」なんて言われたはてなブックマークの感覚を現実世界で行使してしまって、みんな去っていった。(わたしもその一人)

 

これは現代社会の罠ではないだろうか。

 

会社を辞めて心身が回復するのは、ひとつはヒエラルキーから開放されるからだと思う。

しかしインターネットのせいで、家の中までヒエラルキーが追いかけてくるようになった。

 

ひとりになっても「俺は負けてないんだ!価値があるんだ!」と叫び続けるその姿は、なんだか物悲しい。

 

回復することはおろか、よけいに偏屈になって、社会に帰還する(もしくはできなくなる)。

しかし偏屈な心持ちでは、またその先でストレスやヘイトを貯め込むことになるだろう。

 

彼を見た時、「仕事辞めて、ゆっくり休めば」は万能の薬にならないんだなと思う。

 

人はみな「自己承認欲求」があり「自己肯定感」を求めている。

けれど「承認」ってなんだろう?

 

承認されたと素朴に感じられる時、それは「なんでもないけど、そばにいたいね」と人に言われた時、そんな態度をとってもらえた時ではないだろうか。

 

その相手は家族だったり、友達だったり、恋人だったりいろいろだが、大切なのは「側にいること」に(限りなく)条件がないことだ。

 

「〇〇だから」という理由が、そこに存在しないほうが良い。

 

SNSでも会社でも、ある条件のなかで人は関わり合う。

その条件は端的に言えば「有能なこと」だ。

 

あるいはフォロワー数やいいね!数で、あるいは給料や肩書で、その有能さは測られる。

 

その尺度のなかでもいっときの承認はあるように思う。

けれど「条件」は日々変わっていくから、それに執着したり、失った時に深い喪失感に襲われることになる。

 

人はみな、条件のない世界で、ほっと一息入れる瞬間が必要なのではないだろうか。

そばにいたい時、理由なんて思いつかない人が必要なのではないだろうか。

 

その人と、そんな瞬間が訪れた時、ほんとうに「休める」時間になる気がする。

そしてまた戦いに出かける活力が生まれてくる。

 

くだんの彼も、楽しい心をたくさん持っている人だと思う。

けれど「条件のある世界」に日々、染まっていっていくようでなんだか心配だ。

 

できることなら、ほっと一息つける誰かを見つけてほしいなと、遠くから祈るばかりである。

 

 

 

今日のあとがき

10月4日

川っぺりムコリッタ、なんとなく調布の映画館で観てきました。調布には『NANA』に登場する「ジャクソンホール」のモデルになったお店があるらしい。NANAは連載当時の主人公の年齢がちょうどじぶんと重なっていたので思い出深い作品です。ナナたちが上京するときに、ちょうどじぶんも上京していたという。こんど行ってみよう!

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me