simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

無職で寂しい時の対処法3選。気軽にできる気の紛らわし方

ひとりが好きなわたしは無職に向いていますが、それでもふと「寂しい…」と思うことはやっぱりあるんですね。

まわりは日中、働いているし、遊んでくれる人もいない。

っというか、無職の負い目から声を掛けるのも恥ずかしい…。

 

そんな八方ふさがりのさみしさをどうするか!?

この記事では無職でもできる寂しさ解消法、気の紛らわし方を紹介します。

ライブ配信でイケメン、美女を見る

 

今、爆発的にユーザーが増えているのが「ライブ配信」です。

つまり生放送、生配信ですね。

ちょっと見てみてればわかりますが、昼夜問わず本当にたくさんの人たちがライブ配信に興じています。

 

で、ライブ配信の良いところはYouTubeなどの動画と違って配信者とコミュニケーションがとれるところ。

コメントや投げ銭をすると、配信者が「○○さんありがと~!」なんてしゃべってくれたりします。

たまにその配信を見に行っただけで「○○さんこんにちは~」って呼びかけられます(笑)

これは寂しさの解消にはもってこいでしょう。

 

ただ注意点もひとつ!

それは「投げ銭」です。

ライブ配信アプリは基本的に無料で観覧できるのですが、配信者を応援する投げ銭文化が盛んです。

多くはアプリ内のデジタルギフトを観覧者が購入し、それを配信者にプレゼント。

配信者はもらったデジタルギフトを課金できるという仕組みです。

 

今やその投げ銭(デジタルギフト)で生計を立てる「ライバー」という人がたくさんいます。

っということは、逆に投げ銭する人も多いということ。

ある意味でキャバクラやガールズバーにハマってしまうのと一緒で、ともすれば貢ぎまくっちゃう人もいるんですね。

 

まぁ、それも個人の自由なのでなんとも言えないのですが(笑)、わたしたちは無職です。

いくら寂しくても、どうぞ節度をまもってご利用ください。

年取ってくると元気に頑張っている若者を画面越しに眺めるだけで癒されますし(笑)

ちなみに見る側が顔出しするわけではないので安心してくださいね。

 

おすすめのライブ配信アプリはふわっちです。

テレビCMも展開しており、安心して利用できる日本製アプリです。

ふわっち
ふわっち
posted withアプリーチ

自炊をする

寂しさの解消法として、人とコミュニケーションをとる方向性とまったく逆に人とコミュニケーションを取らない方向性があります。

ライブ配信を前者の方法でした。

 

逆の方向としては何か「作業に没頭する」ことがおすすめです。

趣味がある人はそれでも良いし、特におすすめは自炊ですね。

自炊はなんせ必要不可欠。

絶対にやらなければいけないのだから、自炊に没頭するのは理にかなっています。

それに自炊が上手になれば節約にもなるし、なにより健康的。

節約、栄養補給、寂しさ解消と一石三鳥なんですよね。

 

お金がないのを逆手にとって、安い食材を探しに近所を散策しましょう。

まだ知らない激安スーパーや野菜の直売所なんかがあるかもしれません。

買い出しでも時間が消費されますし、運動にもなる。

さらに家に帰って料理すれば、あれ?いつのまにか寂しさなんてどこ吹く風…。

まぁ、できた料理をひとりで食べている時に寂しさを感じるかもしれませんが(笑)

片足立ちをしながら、テトリスをする

「寂しさ」のような負の感情って心の問題だと捉えがち。

でももうちょっと科学的に見ると、それは「脳の問題」だそうです。

 

人間の脳は寂しいという感情を生み出すと、さらに脳にその感情を刻み付け、思い出しやすくするそう。

なので「寂しい、寂しい…」と考えてばかりいると、なお一層寂しく感じるというワケなんです。

 

そこで対処法として考えられるのが「片足立ちテトリス」です(笑)

なんだかバカみたいですが、これが実は理にかなっているんですって。

まず片足立ちすると、脳の運動神経の部分が動きだします。

そしてテトリスをすると数学とか理論の部分が動きだします。

その2つで脳が手一杯になり、寂しさなどの感情をつかさどる部分が休止するのだとか。

結果、寂しさを忘れられると。

 

わたしは脳科学者ではないのですが、これは説得力を感じる話だと思いませんか。

いわゆる「トラウマ」なんかも、思い出し過ぎて自分の中で存在感がどんどん膨らんでいるんでしょうね。

「片足立ちテトリス」はいろんな応用が効きそうなプチライフハックなのでぜひ覚えておいて下さい。

寂しくてもSNSを見ない方が良い理由

基本的に寂しい時の対処法は、他者とのコミュニケーションによって直接的に寂しさを解消するか、逆にひとりで集中できることをやって寂しさを忘れるかのどちらかですね。

「コミュニケーション」 というと、今いちばんに浮かぶのはSNSだと思います。

でも個人的にはおすすめしません。

っというのも、SNSって疲れませんか?(笑)

 

SNSが使える原因は、ユーザー数の多さと「いいね!」など評価の数値化があります。

まずあまりにユーザー数が多いので、どうしても見たくないモノも見ちゃうことがありますよね。

寂しい時にさらに自己肯定感をくじくようなことがあったら最悪です!

中には仕事としてSNSを使っている人もいますから、それだけで劣等感を抱きそうなもの。

 

また「いいね!」「リツイート」などの数値は、SNSの世界での絶対評価です。

まるで現実社会のお金のようではないですか。

本来、比べる必要のないあなたとわたし。

それなのにSNSの世界に足を踏み入れたばっかりに「あの人に比べてフォロワーの少ないわたし」「あの人に比べて誰にも共感されないわたしのツイート」が可視化されてしまいます。

これもまた寂しさを助長されることでしょう。

 

ですから、寂しい時こそSNSから離れて、もう少し気楽な気分でいられる行動を選んでほしいと思います。

以上、「無職で寂しい時の対処法」をご紹介しました!

参考になったらうれしいです。

 

ふわっちはこちら↓

ふわっち
ふわっち
posted withアプリーチ

関連記事:無職になりたい?無職になる方法、無職を続けていく方法を解説

ブログトップページへ