simplelog.me

シンプルログ ドット ミー

【DIY】真鍮パイプを使って、コーヒーの「ドリップスタンド」をつくりました

真鍮を使ったドリッパースタンド

ドリップスタンドを自作しました!

ごらんのようにコーヒーをハンドドリップするときに使用するアイテムです。

 

これにより、純粋にコーヒー液の量だけを計測しながらドリップできるようになります。

お店ではよく使われているアイテムですね。

 

市販のドリップスタンドはさまざまなありますが、どうも希望に沿ったものがなかったので、今回つくってみました。

 

  1. 真鍮を使いたい
  2. ドリッパーをふたつ並べたい
  3. なるべくかんたんに作りたい

 

の3つの要望に叶えるようにDIYレシピを考案。

 

結果的にビスを使わず、木材や金属をカットもしないかんたんレシピができました。

なので、DIY初心者の方もできると思います!(初心者はわたしです)

 

 

使った材料・道具

主な材料は、

  1. ワンバイフォー材:長さ300mm×1コ
  2. ワンバイフォー材:長さ210mm×2コ
  3. 真鍮パイプ:長さ340mm×2本
  4. ビートン

です。

 

他に塗料としてワトコオイル、木工用ボンドも使います。

 

ワンバイフォー材はベターなホワイトパインです。

ホームセンターに行くと必ずといっても良いほど、どこにでもあります。

 

ワンバイフォー材は色つきのものもあったりするので、塗装がめんどうな人はちょっと割高になりますが、塗装済みを購入しても良さそうですね。

 

真鍮パイプもホームセンターに置いてあることが多いです。

 

そしてヒートンとは、ビス付きのフックのような材料。

その名前は初めて知りました(笑)

 

注意すべき点は、真鍮パイプの太さとビートンの内径同じにすることです。

 

わたしは6mmの太さの真鍮パイプと、内径6mmのヒートンを使いました。

もう少し太いものも細いものも販売されていますのでお好みで。

 

今回はヒートンのおかげでグッとつくる難易度のが下がりました。

 

ワンバイフォー材と真鍮パイプはそれぞれ、ホームセンターのカットサービスにてカットしてもらいます。

そうしてもらえば、あと自分でカットする必要はありません。

 

わたしは、

  1. 910mmのワンバイフォー材
  2. 1m(1000mm)の真鍮パイプ

を購入し、くだんの長さにカットしてもらいました。

 

ヒートンと合わせても、材料費は1,222円

カット代は220円です。

 

真鍮を使った雑貨ってけっこう高価なイメージがありますよね。

そう思えば、けっこうコスパの良いDIYな気がします。

 

 

作り方

塗装

いぜん使って余っていた「ワトコオイル ダークウォルナット」で塗装しました。

塗料はお好みですね。

 

キッチンで使うものなので、汚れに強くなるように何かしらで塗装したほうが良い気はします。

木材の接着

木工用ボンドで木材を接着していきます。

300mmの方を土台に、210mmを両端に柱として接着。

 

土台の側面にボンドを塗ってはりつけるようにしてみました。

ビスなどは使わないので、ググッと力をいれて圧着するのが大事です。

 

まぁ、別にビス止めしても別に良いですけども(笑)

重いものを乗せて運ぶわけでもないので、今のところ強度に問題は感じていません。

 

 

ヒートンと真鍮パイプの取り付け

上部にヒートンをねじ込んでいきます。

 手で回してとりつけられました。

 

4つのヒートンが水平に、平行になるように注意しながら。

できるだけ等間隔に

ここは真鍮パイプを利用して並行をとってみたり、またあらかじめ使う予定のドリッパーをあてがいながら、作業すると良いです。

 

ヒートンがついたら、あとはパイプを通せばOK。

これで完成ですね。

 

作業時間は塗料やボンドの乾き具合によりますが、半日もいらないかも。

完成

ドリッパーによってサイズが微妙に違うので、2本のパイプの最適な間隔は、それぞれで違ってくるでしょう。

 

とはいえ、ここにヒートンを使った利点があります。

ヒートンはなんどもやり直しがききます

 

斜めになってしまっても、間隔が狭すぎたりしても、かんたんに外せて、また差し込み直せる。

じっさいにわたしもいちど間違えました(笑)

 

いくつかのDIYレシピを調べましたが、ドリッパースタンドを自作しようとすると「木材に穴をあける」か「金属を曲げる(または接着する)」といった、難易度高めの作業があるものが多いです。

 

「木材の穴あけ」はホームセンターでやってもらえるんですけど、指示書がうまく書けそうになかったのでやめました(笑)

また自分でこれらの作業をやるにしても、失敗したらまた最初からやり直しになってしまいますよね。

 

その点、ヒートンを使ったこのDIYレシピなら、グッとかんたんになります。

 

今回つくったこの高さだと、わたしが使っているKINTOサーバーとタニタのスケールを重ねて使用できます。

高さバッチリでした

ドリッパースタンドはスケールを使ってナンボですから、高さはよく計算しないとだめですよね。

 

今回は210mm(+ヒートン)の高さでしたが、200mmぐらいでも良いかも?

あまり低いと作業しずらいでしょうから、むずかしいところです。

 

真鍮パイプとヒートンを接着する必要があるかもしれないと思いましたが、サイズピッタリのを選んだのでわずかに摩擦があり、問題なさそう。

 

使ってみて問題がでてきたら追記したいと思います。

 

 

失敗したところ

ちょっと色がキレイにのりませんでした(笑)

ワトコオイルは初心者向けですが、ヤスリがけや二度塗りなど、丁寧に作業しないといけません。

 

ちょっとてきとうに塗りすぎました(笑)

 

数日してオイルが乾いてきたら、上からニスでも塗ってみようかなと思います。

やっぱり真鍮のゴールドに映えるのは黒ですかねぇ。

 

以上、真鍮パイプでDIYしたドリッパースタンドの紹介でした。

参考になったらうれしいです。

 

ブログトップページへ