simplelog.me

ミニマリストの暮らしログ「シンプルログ ドット ミー」

コンクリートについた水性ペンキ(ニス)を「除光液」で落としてみた→キレイに落ちた

※このサイトはPRを含みます

 

 

水性ペンキのついたコンクリート

賃貸アパートの1階に住んでいて、外のテラス部分で木材のペンキ(ニス)塗りをしていたら、うっかり水滴が飛んでしまいました!

 

そんなに目立つわけじゃないんですが、賃貸なのでしっかり現状回復させたほうが良いだろうということで、掃除です。

コンクリートについた水性ペンキ(ニス)は除光液で落とせる

除光液

ネットで検索してみると、除光液か無水エタノールで落とせるみたいでした。

 

除光液とはマニキュアを落とす化粧品ですね。

 

コンビニや100均、ドラッグストアで売っているので手に入れやすいです。

 

化粧品売り場に立ち寄るのが気恥ずかしい人は通販をどうぞ。

こぼしたのはセリアの「水性ニス」。

 

正確にいうとペンキではないかもしれませんが、水性ならニスでも除光液で落ちるはずです。

 

で、数滴たらして食器用スポンジでこすってみました。

食器用スポンジでこする

すると、みるみるうちに水性ニスが落ちていくじゃあーりませんか!

 

けっこうな勢いで、スルスルとれます。

 

内心「ペンキのせいで退去時にお金請求されたらどうしよう…」とガクガクブルブルだったので、安心しました(笑)

 

あっという間にキレイに。

すっきり、さっぱり

凹凸があるコンクリート(アスファルト)の地面でしたが、このとおりちゃんと落ちました。

 

平らな地面だったら、たぶんホントに軽くこするだけで良さそう。

 

汚れもキレイに落ちていたので、ついでに汚いところをキレイにしてあげようかと思いましたが、余計なことはしないことにします(笑)

 

除光液は他にも、

  1. シールのベタベタ
  2. 靴の汚れ
  3. 洋服についたインク
  4. 手についた接着剤

なんかも落とせるみたいです。

 

余っちゃいましたが、便利そうなので保管しておこうと思います。

コンロのスキマをDIY

コンロの隙間を埋めるDIY

油汚れやホコリが付着しやすく、掃除がたいへんなスキマ

 

DIYで塞いでみました!

 

関連記事:ガスコンロの隙間をDIY!木材で塞いでみた話

 

 

今日のあとがき

2月16日

う〜ん、引っ越すか悩む…。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me