simplelog.me

ミニマリストの暮らしログ「シンプルログ ドット ミー」

ミニマリストおすすめの台ふきんと食器用ふきんを紹介

※このサイトはPRを含みます

 

 

ふきんはあくてまで消耗品

 

ところが種類がたくさんあり、購入するときって意外と悩みますよね。

 

買い物は楽しいひと時ではあれど、ミニマリストならスパッと決めてしまいたい。

 

そこでこの記事では、わたしが使っている「台ふきん」「食器用ふきん」をご紹介します!

 

「とりあえず、すぐ買える、イイヤツ教えて」

 

という人はぜひチェックしてみてください。

【台ふきん】ダイソー マイクロファイバー雑巾3枚(白)

ダイソーマイクロファイバー雑巾3枚の画像

今、使っている布巾はあえて雑巾の商品カテゴリーのもの。

 

ダイソーの布巾カテゴリーの商品は、わたしにとってちょっとサイズが大きい。

 

また妙に柔らかいものが多いので絞りにくいなと感じます。

 

適度に硬い雑巾のほうがギュッとしぼれますし、サイズ感もちょうどよい

ダイソーマイクロファイバー雑巾のサイズ

短く丸めて絞りやすい

もちろんマイクロファイバーなので、速乾性◯で水分も汚れもさっと拭き取れます。

 

そして雑巾なだけあって、抗菌性能も少し高い気がする。

 

さらに3枚100円のリーズナブルさ。

 

非常にバランスのとれた商品だと思います。

 

と言いつつ、実は以前は同じダイソーの「竹ふきん」を使っていました。

ダイソーの竹ふきん

関連記事:台ふきんはダイソーの「竹ふきん」が最強っぽい【おすすめ】

 

ところがこれ、近所のダイソーから失くなってしまったんですよね…。

 

いくつかの店舗を見ても見つけられないし、もう廃盤なのかもしれません。

 

とりあえず雑巾の方を使いつつ、さらに使い勝手の良いものは探していきたいと思います。

 

 

【食器用ふきん】無印良品 麻平織マルチクロス

無印良品の麻クロスの画像

麻100%のふきん。

 

麻は人類にとってもっとも古い繊維とも言われ、その丈夫さは折り紙付き。

 

なにより速乾性があり、食器ふきんとしては最適な素材になっています。

 

50×50の大判サイズも食器だけでなく調理器具を拭くときにも便利。

無印良品平織り麻マルチクロスのサイズ

両手で包むように拭ける

またハンガーループがついているのも地味に嬉しいポイントです。

 

使いはじめて数回は細かい繊維が食器に付着しますが、なんどか洗濯を繰り返していくうちに気にならなくなってきます。

 

「育つタオル」などは有名ですが、さしずめこちらは「育つふきん」。

 

とにかく丈夫で長く使えるので、愛着を持って道具と長く付き合いたい人におすすめです。

 

無印良品の中ではかなり地味ですが、隠れた名品としてレビューも高評価のアイテムです。

 

ただ取り扱いのある店舗が少ないので、気になる方はぜひオンラインストアをチェックしてください。

 

 

 

今日のあとがき

2月16日

う〜ん、引っ越すか悩む…。

  

TOPへ戻る

  

プライバシー・ポリシー    Copyright © 2022 simplelog.me