simplelog.me

暮らしとミニマリズム「シンプルログ ドット ミー」

ミニマリストの部屋

ミニマリストになるには?何からはじめる?効率的なはじめの一歩「ミニマムライフの原則」

ミニマリストの部屋

「家の中が片付かない!」

 

そう思った時、ミニマリストの知恵はとても役立ちます。

でもいざ「ミニマリストになろう」と思っても何から手をつけてよいのか…。

 

わたしはそこまで過激なミニマリストではありません。

ふつうにモノはありますが、住んでいる1Kの部屋は写真にあるとおりなので、人に見せるとわりとミニマリストだと思われます。

 

わたし自身、ミニマリスト(ミニマリズム)のおかげでずいぶんと楽しく暮らせている実感があります。

「ゆるふわミニマリスト」のわたしだからこそ伝えられるコツみたいなものもあるんじゃないかと。

 

っというわけで、この記事ではミニマリストの始め方をご紹介。

 

モノが増えないミニマリストになっていくには、ある大原則があるのです…。

 

 

収納グッズを断舎離せよ

整理整頓された、きれいな部屋。

そのために活用したい収納グッズ。

 

100円ショップや雑貨で「片付けの味方だよ?」っていう顔して並んでいますよね?(笑)

 

しかしその収納こそが、実は物が増える元凶なんですね…!

 

収納グッズの空間、空いたスキマ。

ぜったいになにか埋めたくなりませんか?

 

この「空いたスキマを埋めたくなる心理」ってなんなんでしょう?

なにかの本能???

 

結果、そんなに好きでもない雑貨を飾ってみたり、さらに収納トレーを入れ込んでみたり…。

買い物にでかけると「あ、あそこにしまっておけばいいや」と、つい買ってしまう…。

 

かくしていらないモノが増えていく、というわけです。

 

そうこうしているうちに、脳みその管理メモリーがカンストして「あれ?こんなの買ったっけ?」という状態に。

これこそがいちばん避けたい状態ですよね。

 

「あ〜!こんなことなら、いっそ収納なんかないほうが…」

 

そのとおりなんです。

収納なんて、なくてすむならそっちのほうがいい。

 

っというわけで、まずは収納グッズをそのものを捨てることを検討してみてください。

 

カラーボックス、衣類ケース、ポリプロピレンケース…。

いろんな収納グッズがお家にあると思います。

 

「じゃあ、今その中に入っているものは?」と言われれば、そのままほっぽり出しておいてください(笑)

 

その状態、ふつうは耐えられないでしょう。

だから片付けざるを得なくなる。

 

その反発力を利用して「さぁそこで断捨離だ!」と重い腰が上がります。

そしてこれは「片付いた部屋」を維持させることにもつながるんですね。

 

いくら断舎離しても、いくらミニマリストでも、ライフステージが進むに連れて「うーん、収納が必要かな?」というタイミングがくると思います。

 

その時にこの「収納があるとモノが増える」という原則を思い出し、いまいちどその収納グッズが必要か検討しましょう。

 

結果的に収納グッズを買うことになっても、この原則さえ知っていれば捨てるのも躊躇しないし、必要十分なピッタリ収納をうまく作ることにもつながります。

 

「モノが増えるから収納で整理する」ではなく「収納があるからモノが増える

この大原則はいつでも頭に入れておきたいですね。

 

収納をなくすことによって「ミニマリスト」の方向へと大きくかじをきれます。

 

他にもミニマリストのメソッドには、

  • 多機能なモノだけ買う
  • サブスクやシェアリング、レンタルを利用する

などいろいろあるんですが、この「収納をなくす」のがいちばん効果的かつ強力に思います。

 

大切なのは、先に目の前の風景を変えること。

ミニマリズムはときどきダイエットに例えられますが、ダイエットと違うところがひとつあります。

 

それは「いきなり痩せられる=モノを減らせる」ということです。

ダイエットは理想の体型になるで長い時間がかかりますよね。

 

いかしミニマリズムはたった1日でいきなり理想の空間にもっていくことが可能なんです。

物事を継続させるには、いかに成功体験をつくるかが重要。

 

だから収納を捨てて、いきなり目の前の空間を変えて「おー、なんかスッキリ♪」という成功体験からはじめちゃいましょう。

 

「成功」から生活をはじめると、「なんか気持ちいい」「掃除しやすい」「無駄遣い減った」など、ミニマリストのメリットを少なからず実感するはずです。

 

すると今度はそのメリットを手放したくないと、よりミニマリスト志向になっていく。

結果、片付いた部屋が持続されるというわけです。

 

もちろん、やってみたらやっぱり必要なモノも出てくるでしょう。

それにいきなりモノを捨てるのは、ちょっともったいない気もします。

 

でも100からすこしづつ減らしていくのと、0から足していくのでは、後者のほうがラクだし、楽しいと思うんですね。

 

たとえ同じモノを書い直すことになっても、です。

 

なんだか収納を目の敵にしているようですが(笑)、それくらいわたしは収納に気を配っています。

 

 

家こそ究極の収納

最終的には引っ越しもおすすめします。

むしろいきなり引っ越したほうが効果的かもしれません。

 

言うなれば、家とは「収納の収納」です。

 

収納グッズを収納する空間が家ですよね。

つまり収を断舎離するとは、究極的には家を小さくするということ。

 

だから小さい家に住むと、モノが増えて散らかる力学が働きにくい。

 

それに小さい家は家賃(ローン)、暖房光熱費、掃除量など、あらゆるめんで効率的です。

もちろん、だからといって都心の4畳極小アパートに引っ越せと言っているわけではなく(笑)

 

ご家族がいる場合でも、あとすこしちいさな家に引っ越すことで、あんがいメリットがあるでしょう。

 

わたしが好きなYADOKARIというメディアがあるのですが、YADOKARI代表のさわだいっせいさんとウエスギセイタさんは、ともに家族がありながら小さめの家に引っ越したそうです。

さわだ: うちはもう震災の時に一念発起で逗子に引っ越して、築50年の古い平屋に住みながら、家や庭を少しずつきれいにしながら、時には朝、海へ散歩に行きながら、みたいな暮らし方にシフトしたんです。今このコロナの状況下でも同じ暮らしを続けられていて、何の不満もない。-https://yadokari.net/history/68669/

(詳しくは『アイム・ミニマリスト』参照)

 

そもそも引っ越しは断捨離する大きなきっかけになります。

必然的に片付け作業が発生し、どんなズボラでも引越し作業がはじまってしまえばやらざるを得ない。

 

「来月からミニマリストになりたい」という差し迫った人は、ぜひ引っ越ししてください。

まぁ、そんな人、いないでしょうけど(笑)

 

っといわけで「ミニマリストなるには?効率的なはじめの一歩」という話題でした。

そのおおきな一歩は「収納があるからモノが増える。だから収納グッズから捨てよう」ということでした。

 

参考になったらうれしいです!

 

   

ブログトップページへ